へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

浅間大社青年会

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

平成28年浅間大社青年会囃子奉納登山

IMGP7317-800

7月14日囃子の定例練習を早く終え、富士登山の勉強会を開きました。
浅間大社青年会の登山のために、会員で登山ガイドの方が講師になっての勉強会です。
かなり多くの会員が参加していましたので、驚きました。



IMGP7341-800

そして7月15日に定例の囃子練習をして、



IMGP7350-800

太鼓を始め囃子道具などを梱包しました。




image

出来る事なら見届けたいとは思ったのですが、8年前の囃子奉納で現役の足を引っ張ったので同行は無理。先発しようにも目出度い席で囃子披露があったため、奥宮への囃子披露は見届ける事が出来ませんでした。

ところが新郎も浅間大社青年会会員なので、青年会仲間もこれに参列しています。
夜間登山で御来光の頃に山頂に到達し、参拝して囃子を奉納するとの事。
若いとは言え、無理しないで欲しいと思っていました。
7月26日の登山で10時間かかった手前、さすがに同行は無理。
参加者のレポートをおとなしく待っていました。



先発隊で登ったRyoichi君がブログにアップした初日の模様です。
奉祝 富士登山2016 前編
image

下界から見ていた富士山はこんな雲に隠れてましたが、ほどほどの陽射し避けで丁度よかったみたい。



そして2日目。
奉祝 富士登山2016 後編
星空の素晴らしさは山頂ならではでしょうか。
山頂から下界に向かって叩く写真の、下界の眺望の素晴らしさ。
こんな天気に登りたかったと、心底思います。



そして素敵なスライドショーもアップされていましたので、シェアさせていただきます。



確かに会長さんは大変でしたね。
IMGP7316-800

奥宮に囃子を奉納するために未経験の囃子を懸命に練習し、間に合わせた事。
結婚を祝う会の呼びかけ人を務めた後夜遅くに登山を開始し、見事登頂。
奥宮前で囃子を奉納する写真が、Ryoichi君のブログにアップされていました。
そして皆無事に下りてきたこと。
大変なだけに、一生の記念になると思います。

お疲れ様でした。

富士登山講座(富士宮口)

囃子の定例練習を早めに切り上げて、浅間大社青年会の囃子奉納登山参加者に登山の勉強会が行われました。
名前は忘れましたが、講師は青年会会員で富士山登山ガイドをやっていらっしゃる方。
この勉強会の事は知らずに囃子の定例練習に出かけたのですが、今年こそ富士登山をして山頂での写真をと意気込んでおりますのでこれ幸いと拝聴してきました。


IMGP7317-800




IMGP7321-2-640

四つの登山口比較です。
私が登る富士宮口は四つの登り口の中で登り初めの標高が一番高く、駿河湾や伊豆半島の眺望が素晴らしいとのこと。所要時間も一番短く6時間。


IMGP7322-2-640

作っていただいた6時間20分のペース配分です。
20歳から40歳までの青年会用のペースですから、65歳の私はかなり割り増しが必要です。
8年前の登山でも8時間以上かかっていたと記憶します。

大事なのは無理しないこと。時間に追われての富士登山は苦しいばかりですので、二度と登る気にはなれないでしょう。

一方で高齢者登山番付なるもの(平成27年版)には95歳で登られた男性が最高齢で掲載されています。数え年70歳以上の高齢者が登山すると高齢登拝者名簿に記帳出来るのだそうで、これを元に番付が作られるそうです。1年に1,000人近い方が登録されるとか。
無理せずに自分のペースで焦らずに登れば、年とっても登れる山でもあるんですね。

登る前に五合目でまず1時間ほど体を慣れさせる。これは高山病予防に必要。
遡れば登山は前日の充分な睡眠など体調管理からすでに始まっているのだとか。
子供の頃、遠足の前日は興奮して眠れなかったものですが、まだ治ってはいない癖です。気をつけなければ。

登山の必需品
・登山靴
  ごつごつした熔岩にあたるので堅牢なもの、砂が入らぬ様に足首をカバーするもの、
  5年、10年経つと材質が劣化するので、経年劣化に気をつけましょう。
  30人ぐらいのグループだと、一人ぐらいは靴の壊れる人がいるそうです。
  靴が壊れたら登れませんので、チェックは念入りに。

・雨具
  上下分かれたものが良い。ポンチョでは風の圧力をまともに受けてしまう。

・ザック
  レインカバーもあれば、浸みた雨で荷物を濡らす事も軽減されます。

・防寒具
  嵩張らないものを重ね着する。

・帽子
  空気が澄んで光も紫外線も強い。陽射しと雨が直接当たるのを避ける

・トレッキングポール
  登山ストック、金剛杖など
  疲れてくると金剛杖でも重くて投げ出したくなります。できれば軽くて堅牢なもの。

・手袋
  ごつごつした熔岩などから手を守る。
  雨に濡れると軍手は体温を奪うので、雨が浸みない材質が望ましい。
  軍手しか無い場合、炊事用薄手のゴム手袋を軍手の下にすると冷えを多少弱められる。


リスク管理に必要な5つのアイテム
・水
  山では高価なので1リットル程度を持参し、必要に応じて買い足す。

・行動食(塩分・糖分補給)
  塩飴や高カロリーの携帯食
  ◎私の経験です。顔面蒼白となり、ここで断念かと思った事がありますが、
   山室でお汁粉を食べたら見事復活し登頂出来ました。低血糖だったのかな。 

・ファーストエイド
  傷絆創膏や持病薬、包帯・ガーゼなど  

・お金
  宿泊費用はもちろん、トイレにも小銭が必要なので小銭を多いめに。

・携帯電話
  山開き期間中の登山道は、携帯3大キャリアの電波が届くそうです。
  電気は借りられないものとして、バッテリーの消耗に注意しましょう。
  必要な時以外は電源を切る。充電用予備バッテリーを持参する。

※追記2016.7.16
  富士宮口山頂では携帯キャリアはAUは24時間繋がるけれど、
  ドコモとソフトバンクは山室の発電機に依存しているため、
  発電機を止める深夜(20:00~4:00)にはアクセスポイントが使えません。



なくても良いけどあった方が良いもの
・サングラス
  まぶしいですから。

・ザックカバー
  ザックへの雨の浸透を防ぎます。

・富士山マップ 

・日焼け止め
  紫外線が強いです。

・ニット帽
  御来光待ちは、とにかく寒いです。

・タオル
  汗もかくし、雨にも濡れます。
  寒い時には襟巻きにもなります。

・ビニール袋
  濡れたものは周囲に水が浸まない様に、ビニール袋に閉じ込めましょう。


・アイマスク
  就寝用

・ホッカイロ
  山頂は平地と比べ22℃ほど気温が低いので、寒さ対策として。

・耳栓
  大勢の人が同じ部屋に泊まります。イビキ対策として。

・マスク
  埃よけ(息苦しいかも)





下りは3時間ほどですが、登りより下りで足を痛める事が多いので慎重に。

◎8年前大砂走りを下る際に左膝を傷め、宝永火口を一歩下る度に劇痛が走りました。
火口底からどうやって登ろうかと途方に暮れましたが、幸い登りでは激痛は走りません。
新六合まではほぼ平らに移動、だらだら坂をだましだまし下って新五合目で青年会と合流しましたが、かなり待たせてしまいました。

この古傷はまだ時々うずきます。



IMGP7340-800

講義終了
講師の先生、とても参考になります。
ありがとうございました。



DSCF4335-800

8年前の奉納後の記念撮影です。

別行動にはなりますが、何度か登るつもりなのでタイミングが合えば今年も取材出来るかな。
今年の囃子奉納登山も無事に行われる様お祈り申し上げます。

※2016.7.16追記
 囃子奉納登山の日程が判りました。
 7月30日に登山し、31日にお囃子を奉納して下山するとの事。
 日程的に取材が出来ません。残念です。



囃子定例練習と富士登山講座 : へんぽらいの祭り談義

囃子定例練習2月第二日目

PNTX4934

2月23日富士山の日、朝から笠雲で見えなかった富士山ですが、夜の囃子定例練習には顔を見せてくれました。楼門内では富士山が見られるのはこの場所ぐらい。画面中央から右に寄った樹木の上に雪化粧した富士山がうっすらと顔を覗かせています。



PNTX4936-Pano2400+

楼門と透き塀に囲まれた垣内です。左の授与所で練習をしています。



PNTX4925

寒桜も見頃です。



PNTX4929

囃子練習1


PNTX4931

囃子練習2


PNTX4945

囃子練習3


PNTX4948

囃子練習4


PNTX4953

囃子練習を終え、拝礼。


PNTX4950

満月と拝殿


PNTX4955

帰る際に祈祷殿前から富士山を探しました。
照明が明るくて、かすかな月明かりの富士山が見にくいのですが、これなら夜間徘徊も大丈夫でしょう。


へんぽらいの祭り談義 : 囃子定例練習2月第一日目

浅間大社囃子定例練習11月

先月の囃子練習10月28日はちょうど満月でした。
夜中に少しお湿りがあったようでしたが、翌朝は意外にも富士山の雪化粧が見られました。

浅間大社青年会の囃子練習は、昭和50年に祭事係会に太鼓を寄附していただいてからですから、かれこれ40年になります。

11月の定例練習は久しぶりの化粧直しが見られた24日でした。
PTX50272

満月には2日早く、月もこの高さです。


PTX50280

11月24日の月です。


PTX50283

囃子練習はこの浅間大社垣内で行われます。


PTX50285

夜の浅間大社拝殿


PTX50286

浅間大社青年会有志による囃子練習


PTX50287




PTX50288

授与所前で行います。


PTX50290

今夜は参加者が多いようですね。


PTX50291

練習終了後、拝殿前で拝礼して解散。

浅間大社青年会員はお祭りを実施している町内に加え、実施していない地域からも多くの若者が参加しています。お囃子はそれぞれの町内で保存伝承されてきたもの。だから町内ごとに微妙な違いがありますが、ここでの練習ではその違いを乗り越えて一つの囃子を演奏します。
元をたどれば同じものですから。いろんな町内混成で囃しているうちに、それぞれの癖が判り、大元の囃子がどんなものであったかがおぼろげながら見えてきます。
他区の囃子を聴くことは、よい刺激にも成ります。

この定例練習が、各区囃子方の交流の場になれば良いのですが。


へんぽらいの祭り談義 : 月の夜、浅間大社境内で

平成27年神田祭 浅間大社青年会


PNTX6559001

まず、お世話になる東神田三丁目町会の大野さんにご挨拶。
10数年前に神輿好きが集う仮想の会社「江戸神輿ねっと振興社」でご一緒したお仲間です。



PNTX6644024

浅間大社青年会が東神田三丁目町会にお世話になるようになったのは、大野さんと一緒に町会の祭りに参加していた富士宮出身の佐野さんのご縁によるもの。
奥さんのご実家が東神田三丁目町会に有り、今年はお舅さんが役員だそうです。



PNTX6653029

浅間大社青年会員の神田祭参加も3回目ぐらいかな。地元の祭りは神輿もあるけれど山車祭りが主体で、神輿にもようやく慣れてきた感じ。



PNTX6715038

ガードをくぐり


PNTX6742041

ビル街を練り歩き


PNTX6753043

獅子舞を味わい


PNTX6744042

軽快なお囃子に後押しされて


PNTX6827

神田明神前までやってきました。


残念だったのは、予定が大幅に遅れ神田明神への宮入りまで居られなかった事です。
青年会員は神田明神前で引き返しましたが、普段着の私は神田明神前の混雑からお巡りさんに追い立てられ、離れた歩道にいてそれを知りませんでした。

PNTX6824060

宮入りして退場するまで離れた場所で動画を撮っていて、青年会員が居ないのに気付いたのはまさにこの頃。見知った顔がまったく見当たらないので仲間に電話して、はぐれたことを確認しました。
急ぎ集合場所を目指しましたが、幸い着替える必要がなかったのでなんとかぎりぎり間に合いました。

いろんなものが見られ、大いに刺激を受けました。
出来ればもう少し時間の余裕が欲しかったですね。

次回も参加出来ると良いですね。


記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ