へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

白糸の滝

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

白糸の滝ご案内

国指定名勝及び天然記念物白糸の滝をご紹介します。

瀧の虹

溶岩層の下を流れ下った富士山の伏流水が断崖より流れ落ちる絶景です。
2013.12.21 白糸の滝の整備が完了し、それまで行けなかった滝壺近くまで行けるようになりました。


DSCF1727

2013.12.21 白糸の滝売店側から滝に下りる遊歩道から撮影。


IMGP7274

2013.12.21 旧展望場から
整備が完了して滝壺近くまで入れるようになった時です。
展望場はまだ古いままで崩落の危険から以前の柵までは立ち入りが出来ず、手前に設置された柵越しに撮影したものです。踏み台の上からカメラを頭上に差し上げてやっと撮れました。



◎新たな展望場から

平成27年に、白糸の滝右岸にあって崩落の恐れのある旧展望場が作り直されました。
この展望場の工事のため、しばらく滝と富士山の2ショットは見られませんでした。
工期が延び延びとなり待ちくたびれましたが、やっと5月下旬に完成しました。

PNTX7117-1200

2015.5.29 オープンして間もない頃です。展望場から見ると、雲が多く富士山があまりよく見えません。


PNTX7274

2015.6.4 月明かりの滝を展望場から。富士山は見えていますがまだ月が低く、滝に光が射していません。


PNTX3096

2015.11.16 滝上に富士山が見えます。
景色の良い所なので人気も高く混雑気味ですが、混んでいる時に長時間占有するのはやめましょうね。


PNTX3429-3

2015.12.26 一見昼間のようにも見えますが、満月の月明かりで見た夜景です。
夜景とは言え、滝の姿に加え化粧直ししたばかりの富士山と月虹(月明かりの虹)まで見えています。


PNTX3425

展望場より覗いた滝壺です。滝の飛沫に射す月光で虹が写りましたが、肉眼では白っぽい光の弧に見えていました。

遊歩道の整備も整い、新たな展望所も出来ました。
滝と富士山を見る絶景スポット、白糸の滝にどうぞお越し下さい。


へんぽらいの祭り談義 : =月虹(げっこう)= 月夜の滝にかかる虹

=月虹(げっこう)= 月夜の滝にかかる虹

26日朝まで降っていた雨が上がり、富士山が見えるかと何度も家から出たり入ったり。
見えそうになってもすぐにまた雲に覆われ、雪化粧とのご対面は夜中にまでもつれ込みました。

なかなか雲が消えませんでしたが、午後10時頃ふと見上げれば雲は消え月が煌々と照らしています。

夜景と月明かりに照らされた雪化粧の富士山を撮りに明星山展望台まで出かけました。

NKN_3305-800

午後10時44分
晴れ上がってはいましたが雲がまといつき、強い風が吹いていましたがなかなか雲は消えません。


NKN_3325-800

午後11時33分
ようやく雲が消え始めました。


NKN_3332-800

午後11時47分
ようやく姿を現した富士山は、宝永山下まできれいに雪化粧していました。


紅葉と雪化粧の富士山と滝を撮ろうと、白糸の滝展望場まで出かけました。
PNTX3421

0時43分
白糸の滝展望場


PNTX3425

0時51分
隣で撮影していた男性が「滝壺に虹が見えるよ。」と教えてくれました。
覗くとうっすら白く見えていたのは、撮影してみると確かに虹でした。


PNTX3429

0時58分
白糸の滝展望場からは富士山と滝が同時に見られます。
月明かりに照らされた滝壺に虹が見えました。

遅れていた富士山の雪化粧もようやく本番。
月の明かりに輝き始めました。

記事検索
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ