へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

神事

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

国府宮裸祭り訪問

令和2年2月6日の国府宮はだか祭りに、何十年ぶりかで行ってきました。


以前に行ったときには地元出身の神主さんのお世話になり、神社桟敷から見学させて戴いたのを憶えてます。
その後、浅間大社青年会発足より事務局長なら何やらとお世話になっていた方がそちらに移られ、今では宮司様です。
浅間大社青年会はとうに卒業し今では神幸会というOBの会に所属していますが、昨年秋祭りの後に行われた神幸会の旅行が愛知県で、国府宮(尾張大國霊神社)にも立ち寄ると言うことでした。
宮司さんの顔を見に行きたかったけれど、まつりの後にインフルエンザに罹り治りはしたけれど病み上がりで体調も戻らず断念。
だから、はだか祭りを見に行くとの誘いに飛び付きました。

PNTX0395

大鏡餅を見に宮司様に案内していただきました。

PNTX0398

記念写真のシャッターは禰宜様に押していただきました。マスク取るんだったなぁ。

PNTX0408

今年の神男様にも対面させていただきました。

PNTX0418

国府宮の楼門です。右側に見えるのが神社桟敷で、こちらから見学させていただきました。

PNTX0454-Pano

桟敷から見た拝殿から儺追殿の写真です。
大鏡餅が奉納され安置されている拝殿にははだか男が儺追笹を奉納に次々と訪れ、儺追神事では右の儺追殿まで神男とはだか男達のもみ合いが続きます。

PNTX0455

同行の仲間達です。参道側も内側もどちらも見える特等席でした。11時から並び、12時に開場。
儺追神事の午後4時までにはかなり時間もありましたが、天気も良く風よけもあって暖かく過ごすことが出来ました。

PNTX0505

儺追笹奉納に参道を進むはだか男達。

PNTX0527

儺追笹を奉納するはだか男達。

PNTX0682

儺追神事が始まり神職が拝殿前に出て来ました。大きな榊が向いている方向に、神男が居るのだそうです。

PNTX0683

参道の先で手桶の水が浴びせかけられています。神男はあのあたりか。

PNTX0701

いよいよ楼門内に神男が入りました。浴びせかけられるのは冷水ですが、もみ合うはだか男達からはすぐに湯気が立ち上ります。

PNTX0703

神男の周りは警護の人で囲まれ、頭を下げて進む神男の姿は見ることが出来ません。

PNTX0707
短髪の方は神男(儺追人)と間違えられて触られたり引っかかれたりと大変なようです。

PNTX0732

儺追殿の神男を引き上げる場所です。見えない神男を探すのが大変です。
神男を引き上げるのは腰に縄をつけた三人の男性達。

PNTX0735

一人目が神男をめがけて、飛び出しました。

PNTX0741

そして二人目。

PNTX0751

三人目が神男を抱えています。

PNTX0759

サポートも飛び込み、儺追殿に引き寄せられます。

PNTX0760

やっと神男が儺追殿に引き入れられました。

昨年の浅間大社秋季例祭

祭りの核となる神事は富士山本宮浅間大社秋季例祭ですが、氏子町内の祭りに関わっているとこの神事を目にすることが出来ません。
私も浦安の舞奉仕者の撮影が無ければ、記録する機会はありませんでした。
幸い撮影することができましたので、ご紹介します。

PNTX2251

前日に続き、今日も好天。


PNTX2278

神官着席し、これより宮司神前に進みます。


PNTX2287

献饌の儀


PNTX2295

宮司祭詞奏上


PNTX2296

神官頭を垂れる


PNTX2297

参列者頭を垂れる

PNTX2350

舞姫による浦安の舞

PNTX2370

宮司玉串奉奠


DSCF4259

富士宮市長、市議会議長玉串奉奠
どちらも浅間大社青年会でご一緒したお仲間です。


DSCF4263

観光協会長玉串奉奠
そして、観光協会長も浅間大社青年会と流鏑馬保存会でのお仲間。


DSCF4308

宮司挨拶


PNTX2437

舞台にて浦安の舞が披露される。


PNTX2464

浦安の舞


この後、舞姫それぞれの記念撮影をして町内の曳き回しに合流しました。


山宮御神幸の思い出

あいにくの曇り空。それでも出かけたついでに浅間大社を覗くと、ちょっと変わった車が目につきました。

PNTX5440

神幸祭の鉾を載せ山宮まで運ぶ車です。


PNTX5434

拝殿では神幸祭の神事が行われていました。


明治以来途絶えていたこの山宮御神幸が再び行われるようになったのは、浅間大社御鎮座千二百年祭を期してのことでした。
再興されたこの年は浅間大社御鎮座千二百年を祝い本殿と拝殿の修復が行われ、仮殿から本殿へ御神霊を遷す遷座祭が行われました。山宮御神幸の再興にあたり浅間大社青年会とOBの神幸会がご奉仕して山宮御神幸が昔のままに行われたのを、神幸会員として同行して記録しました。


_DSF0140

この年には実際に行列を組んで山宮まで神霊の宿るこの鉾を運びました。


_DSF0166

その時の運搬車の写真です。


_DSF0223

浅間大社から山宮まで隊列を組んで進みました。
春の陽射しの中、桜咲き誇る舞々木を進む一行です。


山宮神幸祭

山宮浅間神社の祭祀場の石段を進む一行です。


_DSF0302

御神霊の宿る鉾を運ぶ神幸会員。


_DSF0317

祭祀場に鉾を安置し、神事が行われました。
この時には祭祀場から富士山が見えていません。


_DSF3122

その後富士山方向の樹木が整理され、祭祀場から富士山が望めるようになりました。
今日は、眺望の開けたこの祭祀場で神事が行われたのでしょうか。




地域情報 ブログランキングへ


写真日記 ブログランキングへ

記事検索
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ