へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

祭り

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

祭にっぽん再構築進行中

mn-1

祭にっぽん」の再構築が、とりあえず落ち着いたのでお知らせします。 これが新たにWordPressで作った新しいサイトです。 写真を主体に見てもらおうと思ったのですが、最初から写真だらけではと思い直しました。 ではどこから見てもらおうかと思いましたが、カテゴリーから選択して貰う事にしました。 「まずカテゴリーからお選び下さい」と書いた下には全部のカテゴリーからピックアップした一部が表にしてあります。 これをクリックしてそのカテゴリーの記事一覧に飛ぶ事が出来ます。 カテゴリーもこれだけでは無く、まだ他にもあります。 「まずカテゴリーからお選び下さい」と書いた上には「カテゴリーを選択」と言うボタンがあり、これをクリックするとプルダウンメニューが表示されます。 こちらに全部のカテゴリーが書いてあります。

mn-2

プルダウンメニューから「山車・曳き山系」カテゴリーを選びます。

mn-3

選んだ「山車・曳き山系」カテゴリーの記事一覧が表示されます。

mn-4

記事一覧から選んだ「富士宮まつり」が表示されました。 左側に目次が表示されますので、手っ取り早く見たい所に飛べます。

mn5.5

これはギャラリーに並んだ写真です。 縮小表示されているので、元のサイズで見たいですね。 それで、オリジナルを見る場合の方法です。

mn-5

「11月3日湧玉宮本と阿幸地の競り合い」とキャプションのついた写真をクリックすると、この画面が表示されます。 実はキャプションの他に説明も書かれていたのですが、ページのギャラリー表示の際にはキャプションしか読む事が出来ません。このようにクリックして単一表示させると、説明があれば表示されます。 画像がまだ小さいので、もう一度画像をクリックすると、

mn-6

黒い背景で、投稿されたオリジナル(横800ピクセルにリサイズされています)が表示されました。
投稿中ではあまり大きい写真を表示させる事が出来ません。 なので、長辺で800ピクセルほどにリサイズした写真を使っています。 大きな写真を使っても写真を多用するサイトではサーバー負荷を増してしまうので、手間はかかりますがしかたありません。

まだ祭りのデータが少ないですが、頑張って増やしてゆきます。 数多ある祭りの紹介や写真の提供など、一人の手では出来る事はたかが知れています。 皆さんの愛する故郷のお祭りを教えて下さい。

「祭にっぽん」内のお祭りスケジュールでは、お祭りの日程を調べお祭りへのリンクを探して設定しています。一つ一つ検索して探すのですが、以外と名の知られたお祭りに公式サイトがなかったり、意外な事に出くわします。 地元で愛されているお祭りなら、公式でなくても誰かが紹介していそうなものです。 でも、見つからない場合もあります。

長年祭りに関わってきて、祭りの値打ちって何だろうと考える事があります。 何のためにやっているのかと悩んだ事もありましたが、答を教えてくれたのは嬉々として綱を引き踊る子供達の笑顔でした。

そんな楽しさを伝えたい。それが「祭にっぽん」の思いです。 皆様のご参加、ご協力をお願いする次第です。

発掘と修復

Xoopsを使用した旧祭にっぽんは実に快適にデータを放り込め、書いたテキストの関連する語句に自動でリンクが設定されるなど重宝に使ってきました。しかし便利なのも、サイトが肥大化してくるとサーバーやデータベースにとってはかなりの負担だったようです。
気がつけばデータベースが壊れ、百万を超えるログ(4バイトほどの小さなもの)はサーバーから取り出す事も削除する事も出来ませんでした。レンタルサーバーのご指導でなんとか更地に出来たので、Xoopsの使用をやめ、WordPressを使用して新たにサイトを構築する事にしました。

それにしても、失ったいくつかのページには愛着があります。
何年もかけて少しずつ増やしてきたお祭りスケジュールなどは、特に惜しく思えました。

Facebookで事の顛末を書いた所、二人のお友達から昔のサイトを保存していて見る事が出来るサービスがあると教えていただきました。


wbm0

これが昔のサイトを見る事が出来るというサイト、WayBackMachineのトップページ。


wbm1

URLを入力し「アーカイブされたWebサイトを検索する」にチェックを入れ、「GO」ボタンをクリックします。


wbm2

すると前数年のアーカイブ状況が表示されます。


wbm3

前の状況で2016年をクリックし表示されたのが2016年のカレンダーで、日付の数字背後の丸がついている所がアーカイブされている所。


wbm4

丸のついた日付をクリックすると、アーカイブされたその時点でのページが表示されます。


wbm5

リンクから5月の祭りをクリックすると、ありました。


wbm6

そうそう、このデータが欲しかったんです。


このデータをコピーして新たなページにペーストし、何とか1年分のスケジュールを保存しました。
でも、このデータ自体作られたのはそれより数年前の事で、この時点でも日程の変更があったりリンクしたページがなくなったりしていました。
使えるものにするには、もう一手間かけなければなりません。
先ずは日程の確認です。そしてこの「祭にっぽん」のスケジュールは、関連サイトにリンクするのが売り物。一つ一つ関連サイトを探し、リンクをつけました。
手間のかかる作業ですが、とりあえず5月から7月まではアップする事が出来ました。


スケジュール1

祭にっぽんで、5月の祭りスケジュールを表示させた所です。
冒頭の免責事項は以前日程が違っていたと抗議を受けた事があったからで、その時も書いてはあったけれど目立たなかった事から、ちょっとしつこいほどに自己責任での確認をうたっています。
左側上部のカウンターの下に月のスケジュールがリンクされています。
お祭りスケジュールはこのサイトの一つの売りなので、どのページからでもすぐに飛べるようにここに1年分を揃えます。
下のFACEBOOKというのは、同名のFacebookページを持っていますので、そこの投稿がここに表示されます。更新状況をそこにアップすれば、新着情報としても見て貰えます。



スケジュール2

こちらが新たにリンクを設定し、日程を確かめた祭り実施スケジュール一覧部分。


スケジュール3

撮影した写真がある祭りには添付します。

課題は祭りの状況まで一目でわかるように写真の提供をお願いする事ですが、アフィリエイトサイトを目指すサイトでもあり、虫のいい話だと思われそうで足踏み状態です。

とりあえずスケジュールは1年分揃え、さらに発掘してデータを追加するつもり。
時々覗いていただければ、進捗状況が御覧になれます。

**関連サイト**
 祭にっぽん
 WayBackMachine

祭にっぽん再始動します


祭りなら子供達をつなぎ止められるんじゃないか。少子高齢化、旧市街のドーナツ化など、地方において祭り環境も厳しさを増しています。お祭りが好きでお囃子が好きで祭りの将来を担うと期待されたものの、就学、就職のために故郷を離れる子供達に、せめて胸を熱くした故郷の祭りを届けたい。里心を起こさせて故郷に引き戻そう。そんな思いで日本のお祭りを紹介するこのサイトが始まりました。

最初は個人ページに置いた小さな縁日風景でした。gifアニメと祭り関連サイトへのリンクで作られた「祭りのまち」です。
サーバーをお借りしてCGI掲示板を設置し、祭り仲間にもお貸しして相互の掲示板を訪問し合い祭り談義に花を咲かせました。
我が故郷の祭りを目立たせるために、全国のお祭り情報を集め、お祭りのサイトと交流し、祭りが検索出来る有名サイトにしてその中で目立たせよう。そんな思いでした。お祭りに関するデータもある程度の数となり、お祭りデータベースと名乗った事もあります。故郷富士宮市の祭りが多少は知られるきっかけぐらいにはなったでしょうか。

この「旧祭にっぽん」は、先日データベース部分が壊れてしまい、復旧出来なくなりました。
何年もかかり積み重ねた膨大なデータが、失われてしまったのです。それを知ったときには血の気が引きました。何もかもなくなってしまったのですから。
確かに行き詰まって放置していたサイトですが、失ってその大きさを実感しました。でも、すぐに思い直しました。直らないものなら、装いも新たに最初から作り直せば良いと。
祭にっぽん1200

思い起こせば、旧祭にっぽんも作っているときが一番充実していたものでした。何度かトラブルにも遭遇しましたが、復旧作業はけっこう楽しかったものです。目新しい物に挑戦しながらこつこつとまた積み上げてゆくのも、きっと楽しいものでしょう。

壊れた旧サイトのデータ収集にご協力いただいた大勢の方々には、心よりお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。旧サイト以上のものを目指して、この新たな「祭にっぽん」をこつこつと充実させてゆくつもりです。暖かく見守っていただけましたら幸いです。

oldsite

追伸
ご心配をおかけしました。
サーバーにデータはなくなりましたが、昔のサイトがネット上に保管されているのを二人の友人に教えていただき、そこから消えて一番惜しく思っていたデータを掘り起こす事が出来ました。
日程やリンクなどをチェックして順にアップしてゆきます。
とりあえず、5月の祭り日程をアップしました。

花火の事故

花火市場で爆発、29人死亡=「全部吹き飛んだ」―メキシコ (時事通信) - Yahoo!ニュース


どうやらテロでは無く事故のようだとか。

規模こそ違いますが、お祭りの花火を売っていた露店の火事に遭遇した事があります。
こちらがその時撮ったビデオです。

28年昔に吉原祇園祭を見に行った時です。
通り過ぎる山車を見送った後、それは起きました。

いただいたコメントによれば、この祭りではこれ以降露店での花火販売は禁止されたそうです。
楽しむための花火も一つ間違えば大きな事故になります。

気をつけましょうね。

祭りのあと

作詞家の岡本おさみさんが亡くなって今日11月30日が1年目だそうです。
本日、11月30日は吉田拓郎の盟友である作詞家・岡本おさみの一周忌|大人のMusic Calendar|大人のミュージックカレンダー


吉田拓郎をリアルタイムで聴いた世代ですので、その名前は拓郎の歌と共に記憶しています。
「襟裳岬」「ルームライト」「旅の宿」など多くの曲がありますが、中でも「祭りのあと」は大好きな曲です。

かつて、この曲をBGMにした素敵な祭写真のスライドショーがYoutubeにアップされていましたが、著作権侵害が報告された物かアカウントが削除され見られなくなりました。


PNTX0888-800

昂揚の後醒めて思う寂しさ、祭りに関わる者は祭りに対する思い入れも深い。
それぞれがそんな思いでスライドショーを作ったら、素敵な物になるでしょうね。

単なる権利の侵害でそんな思いの詰まった作品が削除されるのは、何とももったいないと思います。
スライドショーで歌の良さが何倍にも増幅され、多くの人にアピールされる。
レコード会社の権利の主張でそんな機会が奪われる方が、よっぽどマイナスなんじゃ無いのかな。



地元の祭りのスライドショーで、著作権侵害で削除されぬようにBGMは付けてありません。
でも、吉田拓郎の「祭りのあと(4分21秒)」の手持ちの音源がありましたら、聴きながらスライドショーを再生していただくと良い感じで楽しめるかと思います。

祭り現場を卒業すると決めた今、祭りの後の寂しさはまたひとしお。
引き継ぎや報告が終わったら、しみじみとこの曲を味わおうと思います。

卒業 - 踊る子供に思う : へんぽらいの祭り談義

蛙の子踊る!!

朝からの祭り準備で、ある囃子方の子供としばらくぶりに会いました。聞けば小学3年生になったとのこと。2-3歳の小さい頃に、大人に混じってしっかりと踊っていたのを思い出しました。

我が町内では、親が囃子方の子供は小さい頃からどっぷりとお祭りに浸かっているためか、小さな頃から良く踊っています。

PNTX0050-800

昨夜の踊り練習では、2歳児が大人に混じり踊っていました。
思わず笑みがこぼれます。


PNTX0060-800

踊りの列に並んで。


PNTX0065-800

踊る2歳児の向こうでは1歳児が見ています。


PNTX0012-800

2-3日前の1歳児です。初めは踊りの中をちょこちょこと歩き回っていましたが、踊りの真似かな?


PNTX1725-800

昨年も小児のしっかりと踊る姿が目をひきました。

雀百まで踊り忘れずと言いますが、このまま祭りを背負う青年にまでまっすぐ育って欲しいものです。



浅間大社流鏑馬祭 5月5日

浅間大社流鏑馬祭は5月4日前日祭、5月5日本祭、5月6日後日祭の3日間行われ、祭典中浅間大社境内にはびっしりと露店が立ち並びます。

5月5日には本祭が行われ、続いて古式流鏑馬、市内練行、神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)が行われます。

午前9時から拝殿で流鏑馬祭が行われます。
PNTX6344

拝殿での流鏑馬祭で古式流鏑馬射手が弓矢を授かります。


拝殿の神事に続いて、馬場で古式流鏑馬が行われます。




そして正午から流鏑馬祭練行が市街を練り歩きます。
IMGP2130




練行の帰着を馬の背中で。

2013年5月5日撮影



午後3時頃より神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)が行われます。
PNTX6382

馬場に入場する一行。



神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)の動画です。

正射手3騎に平騎射が続き、〆に又正射手3騎が走ります。



PNTX6394

神事流鏑馬を終え、退場する一行。
先導するのは流鏑馬保存会員です。



DSCF3093-2

一昨年行われた雨の中での神事流鏑馬で、放たれた矢が的を割った所です。
この年の練行は雨で中止でしたが、流鏑馬は実施されました。


御高覧頂けましたら幸いです。


平成27年富士宮市のまつりを振り返る

◎浅間大社節分祭 2月3日

PNTX4223

横綱鶴竜関など力士も参加して豆まきが行われました。


PNTX4140+3-640

鶴竜浅間大社に土俵入りを奉納


PNTX4151+640

記念撮影


◎浅間大社流鏑馬祭 5月5日


古式流鏑馬の記録



神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)の記録


◎浅間大社御田植祭 7月7日

PNTX7931-1200

記念撮影の頃から雨が降り出しました。

IMGP2389

神田の宮ではテントの中で田植え舞を奉納し

IMGP2409

田植え神事

IMGP2440

雨のため、帰社しての田植舞は拝殿で行いました。


◎富士山開山祭手筒花火 8月10日

PNTX8043-1200

富士山山開きの夜、浅間大社境内の神田川ふれあい広場で行われます。



手筒花火が披露されました。



◎富士山御神火まつり 8月1日(毎年8月第一土曜日)

PNTX8754


PNTX8774

終了後長渕剛のゲリラライブが行われました。


神田川上りの動画(ムービー+スライドショー)です。


◎宮おどり 8月2日(富士山御神火まつりの翌日)

PNTX8799



PNTX8838



◎神田川精霊流し 8月15日

PNTX9064-800



PNTX9114-800



◎富士宮まつり 11月3日〜5日

PNTX1566

青年長記念撮影


PNTX2021

湧玉宮本第二鳥居前で踊る



宮参りの奉納囃子



湧玉宮本山車を第二鳥居前まで曳き入れて囃子を奉納

祭り写真のスライドショー

PNTX8043-1200

富士宮市の祭りも浅間大社流鏑馬祭や富士宮まつりなど自身が参加しているものもあり、浅間大社近くに家があることもあって、いろんな催しや祭りを見る機会があります。
撮りためた写真も見てもらうことを考えると、スライドショーにしてyoutubeなどにアップするのが効果的に思えました。
しかし、BGMが無いとやっぱり物足りません。

フリー素材からお借りするという方法があります。
素材集の形で販売されているものもあり、Webで公開されているものもあります。
Webで公開されているものは、お借りしたサイト名などを明記するぐらいの条件で使用が可能ですが、BGM用というとなかなか適当なものに巡り会えません。



以前作成した富士宮市の祭り写真のスライドショーです。
スクリーンセーバー画面をキャプチャーしたものに、youtubeの用意した音楽を選んでつけました。
そのために残念ながらyoutubeで見る時には広告表示という制約があり、消せますが邪魔な広告が表示されてしまいますのでご容赦を。



「富士山宮おどり」です。
富士宮市の4大まつりを歌い込んだという歌に、私の写真を添えたものです。
こちらは作者からの提案と言うこともあり、楽曲の使用については問題ありません。
歌詞に写真を合わせるということもあり、材料不足は否めませんでしたが何とか形になりました。
楽しんでいただければ幸いです。


自分でスライドショーに合わせてBGMを作れたら問題ないので、これが出来たら最高なのですが、ちと難しいな・・・。


祭りと露店

浅間大社には5月の流鏑馬祭と11月の浅間大社秋季例祭に境内一面に露店が並ぶものですが、かつてこの露店が出なかった祭りがあります。

近い所では平成23年5月の流鏑馬祭でした。
3月に起きた東日本大震災で、諸般の事情に配慮して早々と練行と小笠原流による流鏑馬を休止し、神事に関わる部分だけを執り行いました。

DSCF2560

この年の流鏑馬保存会による馬改めですが、例年の流鏑馬祭にはあるはずの馬場の柵と露店が見当たりません。
見物人はそれでもこれだけ集まりましたが、やはりなんだかもの足らなそう。

DSCF3000

平成26年流鏑馬保存会による古式流鏑馬「行い」です。流鏑馬の柵と露店はこのように祭りの賑わいには本来は欠かせないものです。


秋の富士宮まつりでは、昭和54年が露店の出ない祭りでした。
S54miyamoto

露天商を束ねるテキ屋と暴力団の抗争で死者が出て、祭りの中で報復行為が行われるのを避けたいと当局からの指示で露店が出店を取りやめたものです。
露店は出ないけれど、浅間大社は秋季例祭の神事を、それぞれの町内は引き回しをいつも通りに行いました。
本来なら境内馬場には露店が立ち並び、ここまで屋台を曳き入れることは出来ません。
こんな時だからこそ二度と出来ないであろう馬場への屋台の曳き入れをしようと、浅間大社の許可を得て実行したものでした。


https://www.facebook.com/masanori.sano/videos/997958610262148/">

富士宮市教育委員会制作「民俗無形文化財 富士宮ばやし」より2/3昭和54年の富士宮まつりの宮参りが記録されています。

Posted by 佐野 雅則 on 2015年10月5日

この年の祭りが8弍撚茲傍録され、露店の出ていない境内を進む各町内の宮参り一行が映っています。

流鏑馬祭では保存会で奉仕し、秋季例祭では町内で囃子を奏して引き回しをします。
たとえ露店が出なくても、することに変わりはありません。
でも子供の頃を思い出せば、祭りは露店を覗いて境内を歩き回るのが最大の楽しみでした。

露店の出ない祭りは、やっぱりさびしいものですね。



記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ