へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

結婚式

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

軽井沢にて

姪の結婚式が軽井沢で行われ、その晩は軽井沢で一泊しました。

PNTX9444-800

朝食前に宿舎の周りを散歩しようと出てみると、濃霧に覆われています。
やむなく引き返しました。


朝食の頃は雨、次いでの軽井沢観光が危ぶまれます。
それでも1時間後のチェックアウトには、薄日も射し予報も晴れを告げています。
とりあえず軽井沢駅までタクシーで移動すると、あちこちに警官の姿が見えるので何かあるのかと思っていました。


PNTX9448-800

軽井沢駅で兄弟三夫婦揃って記念撮影。


PNTX9451-800

駅から旧軽井沢まで徒歩で移動中に見かけた、公衆トイレです。
さすが洒落ています。

なおも歩いて行くと、通り反対側の奥に続く道に人だかりがしています。
何かあるのかと立ち止まって見ていると、私服の警察官から声をかけられました。
身分証を提示して「観光ですか?」と聞かれたので、「はい」と答え、通り反対側の人だかりについて聞いてみると、あと15分ほどで天皇陛下ご夫妻が通られるのでそれを待っている人たちだとの事。
御覧になるならあそこなら車も速度を落として通過するというので、こんな機会は一生のうちに一回あるかないかだと皆で移動して待つ事にしました。

警備の警察官から色々と注意がありました。
押し合わない事、後ろの人も見られるように前の人は屈んで手を振る時は他の人の邪魔にならぬよう顔の横で小さく、写真は撮ってもかまわないとのこと。


PNTX9452-800

注意と一緒に説明があって、通過3分前には車の前に「3」と貼られたパトカーが通るとの事。
これがその3分前を告げる車です。


PNTX9454-800

1分前の車。


PNTX9457-800s

そして前後をガードされた車で、天皇陛下ご夫妻がお通りになりました。
天皇陛下はにこやかに手を振っていらっしゃいましたが、皇后陛下のお姿は反対側なので見えませんでした。


PNTX9461-800

そして旧軽井沢銀座通りをそれぞれ分かれて見物です。


PNTX9462-800

入口近くが特に混雑していました。


PNTX9470-800

このバスも良い感じ。


PNTX9471-800

銀座通りを戻ります。


PNTX9472-800

創業112年の写真店。我が佐野写真館より7年早くから営業されているようです。
軽井沢の昔の写真を店頭に多数展示されていました。
何でも庭で記念撮影をして貰えるのだとか。
観光地では、そう言ったお客様もけっこうあるのでしょうか。

我が店は105年目でスタジオを閉じましたが、歴史ある写真店にはぜひ頑張って欲しいものです。

その後合流して一緒に昼食をとり、帰途につきました。
東京駅で弟夫婦と別れ、新富士駅で姉夫婦と別れ、新幹線の連絡も良かったので夕刻5時半に帰宅。
姉に勧められ直前に入ったジパング倶楽部で電車料金も割引され、姪の結婚のおかげで良い夏休みが出来ました。

佐野家・西野家結婚式

次男がネットで知り合った女性を連れてきたのが、一昨年の暮れでした。
その後とんとんと話が進んで、先方にご挨拶に伺ったのが昨年の6月。

挙式が昨日でした。日が良いわけでは無く、都合の良い日を選んだもの。
二人で準備一切を進めたので親らしいことも特にしてやれず、写真ぐらいはと頑張りました。

DSCF0070

富士山が見えたので、新郎新婦と佐野家親族で記念撮影。

DSCF0078

遠路はるばるご参列いただいた西野家の親族です。

DSCF0074

浅間大社の桜はほとんど終わったようなものでしたが、遅咲きの八重の紅枝垂れ桜が残っていてくれました。

_DSF2776+

浅間大社では、結婚式の記念写真は楼門前で撮るのが恒例です。
いつもならこの石段の前に椅子を並べ新郎新婦と両家の家族は座るのですが、玉砂利を石畳に改修する工事の最中でしたので立ったまま並びました。
こんなことも思い出の一つになるのでしょうね。

IMGP9216+

会場まで約1時間ほどかかりましたが、素敵な披露宴でした。

どうぞ末永く幸せに。

記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ