へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

脱皮

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

抜け殻の白い糸

PNTX8504-800

アブラゼミ羽化で白い糸が引き出される所です。
この白い糸は気管の表皮が引き出されたものだそうで、それを確かめるには抜け殻を詳細に観察すればよいとのこと。


IMGP2608-800

息子に貰ったアブラゼミの抜け殻を解剖し、開き状態にして白い糸が何処に続いているのか確かめました。体側に並ぶ気門に続いています。
気門から体内に延びる気管の表皮も脱皮や羽化で脱ぎ捨てられるもので、その気管の古い表皮が白い糸の正体です。




2年前に撮影したアブラゼミの羽化動画です。
2:37あたりから白い糸が新しい体の脚の付け根後ろあたりから引き出されるのが映ります。



気管は昆虫の呼吸器官で蝉に限らずどの昆虫にもありまので、脱皮や蛹化の際にも見る事が出来ます。

アオスジ蛹化1200

アオスジアゲハの蛹化でもこの白い線が体から引き出されるのが見られます。
写真左から
・前蛹の表皮が尾端に送られ始める。
・白い線が現れ始め、表皮と共に尾端に送られて行きます。
・皮の中で寝ていた頭部の角状突起が現れました。
・皮がほとんど尾端に送られます。
・あとは丸めた皮を振り飛ばすだけ。

アオスジアゲハ幼虫の脱皮は動画で御覧下さい。

幼虫の脱皮の際にも古い気管の引っ張り出される様がおわかりかと思います。


蚕脱皮

蚕幼虫脱皮の場合
上-脱皮前の幼虫
下-脱皮が始まり皮が尾端に向かって引っ張られ、古い気管の黒い皮が線状に見えます。

セミの試練

セミの一生で最大の試練は、やっぱり羽化でしょうか。
アリに邪魔されることもあるでしょうが、致命傷となる一番大きな原因は落下でしょう。

幼虫は体を保持するために入念に場所を選び、脚の爪を食い込ませて足場を固めます。
足場を固めて羽化体勢をとってから邪魔が入ると、もう足場を固め直すことが出来ません。
PNTX8562

この幼虫がまさにそれでした。
捕らえられた時にはもう羽化体勢だったため、何かにつかまることさえ出来ません。
植木に真綿を巻き、仮の足場を作って前肢を絡めました。


PNTX8568

背中が割れ、殻から抜け出します。


PNTX8571

体が抜けてもなお反り返り脚を引き抜きます。


PNTX8579

引き抜いてしばらく硬化するのを待ってから、おもむろに体を起こし、殻にしがみつきます。


PNTX8581

今まで殻の中で抜け出した体を支えていた腹部を引き抜きます。


PNTX8585

前脚2本で殻につかまり、ぶら下がって翅を伸ばします。
まだ体も固まらないこの時、風に吹かれたらひとたまりも無いでしょうね。
こんな危うい状態で、ひたすら伸ばした翅と体が固まるのを待ちます。

無事に成虫になるためには、かなり危ういところを通過しなければならないのですね。



羽化をピックアップしてご紹介しています。

炎天下大声で鳴き続ける蝉たちも、こんな試練をくぐり抜けたのですから多少煩いのは大目に見ておきましょうか。

アオスジアゲハの生態観察

最近のコンデジやデジタル一眼カメラには、ハイビジョン動画の撮影機能があります。
マクロ撮影機能も駆使して脱皮、前蛹化、蛹化を動画撮影しました。
羽化にはまだ少し時間がありますので、途中経過ですがご紹介します。


脱皮はタイミングが掴みにくく以前の飼育でも見落としておりました。
今回はじっくりと観察してようやく撮影することが出来ました。
透けて見えることで気門から気管に続く管も脱ぎ捨てられるのが良くわかります。



アオスジアゲハは帯蛹になります。
尾端と背中に回した糸で体を保持します。
背中に回す糸を紡ぐ様を御覧下さい。



いよいよ蛹になります。
尾端に皮を押しやる時、体側に現れる白い線は気門から気管に続く古い管。
頭部の皮の緊張が高まると、中にあった蛹の角が皮を切り裂き、頭部がいよいよ現れます。
皮を尾端に押しやり、最後に糸の台座から尾端を外して古い皮を脱ぎ捨て、再度台座に尾端を絡めると皮の塊を振り落とします。

羽化までまだしばらくかかりますが、追ってご紹介するつもりです。
ご期待下さい。

アオスジアゲハ脱皮ムービー

abeao

アベリアで吸蜜するアオスジアゲハです。
敏捷で軽やかに飛翔する姿は美しく、写真でもとらえるのがなかなか難しい物です。

アオスジ1

飼育して家で羽化したアオスジアゲハです。こんな近くで撮れるのはこんな時ぐらい。

アオスジs

同じ時です。

aosuji

飼育した際に撮影した蛹化の写真を連ね、Gifアニメにしました。

PNTX0617

昨夜脱皮体勢に入った幼虫です。


今日一日注視して、脱皮の瞬間を待ちました。
脱皮前には1時間ほど古い皮の中で悶えうごめくような姿が見られました。なかなか脱皮が始まらず、そんな姿を見ているのはつらい物がありました。でも脱皮の瞬間を何とか捉えることができ、ラッキーでした。


記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ