へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

虹色ネット

クモが盛んに巣を張るようになりました。
庭の通路に張られると、このまとい付く厄介者を棒で絡め取るのが日課となります。
ところが朝夕の太陽が低い位置にある時間帯には、クモの巣が虹色に光って見えることがあります。


IMGP6734

6月6日


IMGP6768

6月8日



IMGP6895

6月12日



IMGP6898

6月12日 風をはらんだクモの巣です。


クモの巣の高さや張られた向き、太陽の位置などで虹色の見え方はさまざまです。
昨年9月にへんぽらいの祭り談義 : 虹色に輝く
でご紹介した際には、虹色はもっと明瞭でした。
クモの成長度合いの違いで、糸の太さなども関係しているのかも知れません。

太陽の見える朝夕には、注意して虹を探してみますね。

虹色に輝く

あの厄介者のクモの巣が、時としてきれいな虹色に輝くことがあります。
太陽が低い位置に来た時、自分と太陽の間にクモの巣があると、蜘蛛の糸が虹色に輝きます。


PNTX1958

今日5月13日の夕刻です。
背景にハギの葉があるのでちょっと邪魔ですが、蜘蛛の糸はきれいな虹色に輝きました。
色が青よりできれいですね。


IMGP6066

4月30日夕刻です。
背景が塀の陰で暗いのが幸いしました。
こちらは色が赤よりですね。


まだ蜘蛛が巣を張るような空間が少なく、思うように輝いてはもらえません。
通路に糸を張られるのは困りますが、邪魔にならない所なら少しは我慢します。
きれいな虹色が見られるならね。

=月虹(げっこう)= 月夜の滝にかかる虹

26日朝まで降っていた雨が上がり、富士山が見えるかと何度も家から出たり入ったり。
見えそうになってもすぐにまた雲に覆われ、雪化粧とのご対面は夜中にまでもつれ込みました。

なかなか雲が消えませんでしたが、午後10時頃ふと見上げれば雲は消え月が煌々と照らしています。

夜景と月明かりに照らされた雪化粧の富士山を撮りに明星山展望台まで出かけました。

NKN_3305-800

午後10時44分
晴れ上がってはいましたが雲がまといつき、強い風が吹いていましたがなかなか雲は消えません。


NKN_3325-800

午後11時33分
ようやく雲が消え始めました。


NKN_3332-800

午後11時47分
ようやく姿を現した富士山は、宝永山下まできれいに雪化粧していました。


紅葉と雪化粧の富士山と滝を撮ろうと、白糸の滝展望場まで出かけました。
PNTX3421

0時43分
白糸の滝展望場


PNTX3425

0時51分
隣で撮影していた男性が「滝壺に虹が見えるよ。」と教えてくれました。
覗くとうっすら白く見えていたのは、撮影してみると確かに虹でした。


PNTX3429

0時58分
白糸の滝展望場からは富士山と滝が同時に見られます。
月明かりに照らされた滝壺に虹が見えました。

遅れていた富士山の雪化粧もようやく本番。
月の明かりに輝き始めました。

黒部ダムの虹

浅間大社青年会を卒業した旧会員有志で神幸会という会を作っています。
年に一度旧交を温める旅行があり、今回私も参加しました。

2日目に訪れたのが黒部ダムです。

PNTX0729

展望台からダムの放水を見るものの、ダムの影には虹が見えませんでした。


PNTX0736

ダム上を対岸に向けて歩くと虹が見え始めました。それも2本、うっすらとですが。


PNTX0737

水煙の濃淡と太陽の角度により、虹がくっきりと見える時があります。


PNTX0738

アップで虹を撮りました。はっきりしてますね。


PNTX0739

放水と虹を収めるには近すぎてズームレンズワイド側いっぱいでも苦しく、やっとこのぐらい。


PNTX0742

移動しながら虹を追いかけました。


PNTX0743

好天に恵まれ素敵な虹に出会うことが出来ました。
感謝!!


西に飛ぶ飛行機の雲、落ちるがごとく

長雨続きで雨漏りの補修も出来ませんでしたが、本日やっと屋根に上がりなんとか処置出来ました。
でも富士山はとうとう姿を見せず、夕焼けも西空にうっすら。

NKN_2732-1200

西空に向かう飛行機雲は強く輝きます。
この方角だと、まるで落ちているように見えますね。



NKN_2744-1200

左側1/3ぐらいの下側にうっすらと虹色が見えています。



NKN_2750-1200

時に雲は空にメッセージを示すことがあります。
これなんだ?




にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村


写真(風景・自然) ブログランキングへ

虹色に輝く

PNTX7975




PNTX7978




どちらもへんぽらいの祭り談義 : 嫌われ者が輝く時
で紹介した写真です。
いつもは邪魔なだけの蜘蛛の巣が、夕陽を浴びて虹色に輝きました。


今日は庭のあちこちに蜘蛛が巣を張っていました。
この庭には朝方早くには陽が射しません。少し昇ってようやく陽があたった所です。

PNTX9860

前回の夕陽の時ほどの輝きはありませんが、今日も少しだけ虹色を見る事が出来ました。


PNTX9868

こんな日は、少しだけ蜘蛛に対して寛容になれます。


PNTX9875

今日だけは蜘蛛の巣を払わずにおきました。



お願い
コメントやトラックバック、ブログランキング投票など、なにか足跡を残していただくと筆者の励みになります。よろしくお願いします。


ブログランキングに登録しました。
この投稿がお気に召しましたら、右のダイソン猫ビビをクリックしていただくとランキングに反映され、素直な筆者はとても喜びますのでどうぞよろしくお願いします。

嫌われ者が輝く時

庭に出て嫌なものは、通路に張られた蜘蛛の巣です。
顔にひっかかったりすればその日の気分は最悪で、腹いせに棒を探して蜘蛛の巣をことごとく絡め取ります。

そんな蜘蛛の巣ですが、絡め取るのを思いとどまる瞬間がたまにあります。

PNTX7897+

霧雨を捕らえた水滴が輝く時


PNTX7898

シャンデリアのような水滴で巣が輝く時


PNTX7975

逆光で巣が虹色に光る時


PNTX7978

まさに光の魔術でしょうか。

こんな時には、そっと手を触れず残しておきます。

「最初から、嫌なものとして毛嫌いするなよ。」と、
造化の神様がささやいてくれたのでしょうか。

PLフィルター効果

先日羽鮒山まで撮影に行ってきましたので、撮影したものを比較してみます。
偏光フィルターは反射を消したり青空の色を濃くしたりして色彩を鮮やかに表現する、風景撮影の必需フィルターです。通過する光を光の振動角度で制限しますので、透過する光量が落ちます。
オートフォーカスカメラでは偏光(PL)フィルターだと誤作動を起こしますので、円偏光(サーキュラーPL)フィルターを使用します。


PNTX0562

ゞが締まる偏光角度で撮影したもの。
空気の乱反射を制限し、空の色が締まり雲とのコントラストがくっきりと写りました。

PNTX0563

空が締まる偏光角度から90°回転させ撮影したもの。

PNTX0558

6が締まる偏光角度で撮影したもの。

PNTX0557

な魅譽鵐困琶亳フィルター無しで撮影したもの。

,鉢△亙亳の角度を90°変えたもので、違いは一目瞭然です。
とい魯譽鵐困楼磴い泙垢、フィルターの有ると無しです。
偏光フィルターの効果が良く判ると思います。

偏光フィルターのもう一つの効果として、虹の強調というものがあります。
DSCF1971

今年の消防出初め式の放水です。
数年前に気付いたことです。
青空を締めるために偏光フィルターを使用していたところ、肉眼では見えている虹がファインダーではほとんど見えなかったのです。偏光角度の所為だと気付いて調整したところ、今度は虹がくっきりと強調されて写りました。


サーキュラーPLフィルター


へんぽらい写真日記 : 解像度テスト

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ