へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

蜘蛛の糸

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

雨上がりクモの巣に虹

クモの巣も逆光気味に見ると虹色に見えます。
背景が日陰の塀とか暗い物だと、より引き立ちます。

PNTX9411-800

ブロック塀越しの夕陽があたり、クモの巣が光っていました。



PNTX9416-800

透かしてみる角度で、虹の色も微妙に変わります。



PNTX9418-800

秋口になり蜘蛛も初夏より成長して糸が太くなったかな。




虹色に輝く : へんぽらいの祭り談義

虹色に輝く

あの厄介者のクモの巣が、時としてきれいな虹色に輝くことがあります。
太陽が低い位置に来た時、自分と太陽の間にクモの巣があると、蜘蛛の糸が虹色に輝きます。


PNTX1958

今日5月13日の夕刻です。
背景にハギの葉があるのでちょっと邪魔ですが、蜘蛛の糸はきれいな虹色に輝きました。
色が青よりできれいですね。


IMGP6066

4月30日夕刻です。
背景が塀の陰で暗いのが幸いしました。
こちらは色が赤よりですね。


まだ蜘蛛が巣を張るような空間が少なく、思うように輝いてはもらえません。
通路に糸を張られるのは困りますが、邪魔にならない所なら少しは我慢します。
きれいな虹色が見られるならね。

記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ