へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

話題

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

茹で落花生の季節になりました

先日お盆休みの家人を送ったついでに、農協の農産品販売所に立ち寄ると生の落花生が山積み。いよいよ落花生のシーズンになったのを、実感。

お盆と言うこともあって1キロの袋をいくつも買い求める人が多く、お盆で帰省する家族にふるさとの味茹で落花生を食べさせるんだなと納得しました。

 

1袋を買い求め塩茹でに挑戦。

昨年やったはずですが、塩加減に茹で時間などすっかり忘れてます。

ネットで調べて3%の塩水で30分と決めました。

 

以前圧力鍋で茹でた時、茹で時間は確かに短く済みましたが柔らかくなりすぎて食感が別物になってしまいましたので、時間はかかるけれど普通の鍋で茹でました。

 

茹で終わってすぐ茹で汁を切るのは禁物。

 せっかくの塩味がつかないからです。

しばらく茹で汁につけたまま、茹で汁を落花生に吸わせます。

茹で汁が少なかったので浸からなかったものは塩味がなく、浸す時間がかかりすぎたために浸かっていたものはちょっとしょっぱくなってしまいました。

茹で汁の塩加減と量、浸す時間と撹拌などが、上手に茹でるこつなのでしょうね。

 

以前茹で落花生が国内でどのくらい食べられているかという調査をしたことがあります。

その時の結果に少しずつ追加したものをご紹介しますね。

 

 

*************************************************************************

かなり昔になりますが、「茹で落花生分布調査」というのを行いました。

メーリングリストの仲間たちに、「茹で落花生」を知っているかと聞いたものです。

 

参考までにご紹介しておきます。

 

http://www.miyachou.com/hiroba/yuderakka.html

 

----------------------------------------------------------------

新たな情報がありましたら、こちらに書き足して下さい。

 

 

18.菅谷 充 富士市出身ですが、小学生・中学生の頃は、秋の遠足や運動会のオヤツは茹で落花生が基本でした。駄菓子屋でも売ってましたよ。1合5円だったか10円だったかで。

 

17.渡辺 智哉 僕はずっと茹で落花生派です(本籍船橋市)。

 

16.鬼頭 宏和 2011.7.27 茹で落花生はアメリカ合衆国サウスカロライナ州のオフィシャル・スナックです(爆)

http://ifugaku.blog.so-net.ne.jp/2010-09-25

 

15.by bingo 2008-09-18 (木) 03:43:20 &font(Red){NEW};

フィリピンでは街頭で色々な物を売っています。飴玉から煙草のバラ売りまで交差点で信号待ちをする度に売り子が窓を叩きます。

その中で茹で落花生を売っている売り子がいました。私は富士宮出身なので思わず買ってしまいました(笑

品種は違うようでしたが間違いなく茹で落花生でした。

----------------------------------------------------------------

 

 

 14.茹で落花生 投稿者:吉永一郎 投稿日:2002/05/18(Sat) 12:22:40

インドネシアでは屋台(天秤棒で担いで)夜街角で売っていました、茹でると脂肪が少なくなった様に思います。薄皮 も飛び散らずに後始末が楽です。インドネイシアでは「ガドガド」と言うサラダの様な食べ物があり、材料はインゲン・モヤシ・厚揚げなど(野菜は茹でて使 う)ドレッシングに「ピーナッツソース」を使用します。ピーナッツソースはスパイスや唐辛子を利かせピリッとしたエスニック風です。

 

 13.茹で落花生は鹿児島では当たり前! minami - 2001/11/18(Sun) 21:31:06

鹿児島から東京に出てきて、意外と全国的に落花生を茹でて食べることが知られていないことにびっくりしました。鹿児島では当たり前で、東京でビールのつまみとして枝豆が出てくるのと同じようなもんなんです。

スーパーでは生落花生が常に置いてありますよ。なぜこんなに知られてないのか疑問です。なぜだか知っている方っていますか?

 

12. T.Ishidaさん H9.11.15 記

はじめまして。

T.Ishidaと申します。

11/11が「ピーナッツの日」ということで、その由来を調べていて「富士宮人の広場」にたどり着きました。

茹で落花生が富士宮のメジャーな食べ物だと言うのは初耳でした。

実は、東京は新橋のガード下にある中華料理店で突き出しの茹で落花生を食べて以来すっかり気に入っていたのですが、店のオリジナルだとばかり思っていました。

あんまりぱくぱく食べたので同行したガールフレンドからは「そういえば、あなたの顔はピーナッツに似ている!」とまで言われる始末・・・

 

茹で落花生の由来?がわかって大変嬉しく思います。

大変興味深いので、今後の展開も期待しております。がんばってください。

 

11. 込山さん h9.8.28 記

込山です。

ちなみに今研究室でも聞いたのですが、埼玉の所沢と東京のあきるの市の人は知りませんでした。

あと,静岡の焼津出身の人もいるのですが,知りませんでしたよ!?

台湾料理のお通しで出たという話も後輩からありました。

うう〜ん,茹で落花生おそるべし。奥が深そうですね。

がんばって下さい。

 

10. わきだとしゆき@きょうとしさん h9.8.27 記

産地ではありませんが、岐阜の方でもうでで食べますよ。

 

9. 込山さん h9.8.27 記

込山と申します。

実家が千葉の南房総の千倉というところですが、落花生といえば茹でたものというのが、(少なくとも我が家では)定番でした。

落花生は成田のあたりが本場(?)だと思うのですが,かなり離れた千葉の南のほうでも一般的な食べ方だと思うので,千葉全体では,一般的と考えていいのではないでしょうか(思い切っていいすぎか?)。

あれが最高の食べ方という意見には賛成です。ぼくは小さい実を固めに茹でたものが好きです。

でも全国的にはこういう食べ方はしないんですか。

おいしいのにね。

 

8. 村島伸幸さん h9.2.18 記

中華人民共和国の北京市で食べました。中国ではよく食べるようです。

 

7. 小林隆夫さん h9.1.13 記

茹で落花生は、我が家でも大好物です。残念ながら、当地でも生の落花生は店先で見かけることはなく、 乾燥されたものばかりです。余計な手間をかけてくれなかったら、買うのにといつも思ってしまいます。しかし、自家製の茹で落花生でも、冷凍にしておけば、 いつでも解凍して食べれることを知ってからは、夏の帰省時に入手したり、秋に親から送ってもらったりして、冷凍庫に常備しており、気まぐれに食べております。(時々、(株)かつ○たの「ゆで○こ」 も買いますが)

何年も前の話しですが、TVで、日本人レポーターがアメリカの農村でのフェスティバルを取材した折りに、大鍋で、茹で落花生が作られているのを見て、 「珍しい食べ方ですねえ」なんて言っていたのを覚えています。また滋賀県の観光農園のようなところの行事で、茹で落花生の試食という記事を見たことがあり ます。当地でも好んでくれる人もおりますが、食文化が違うと怪訝に思っている人もいます。止まらないほど美味しいんですがねえ。

 

6. まさのり

富士市大淵の食品会社が冷凍茹で落花生を扱っているそうです。

そういえば、富士のレポートって中野さんのが初めてでしたね。

当然富士では食べる物と信じて疑いませんでしたが。

今日、祭りの準備で忙しい区民館に、茹で落花生の差し入れがありまして、一同むさぼり喰いながらしばし茹で落花生談義となりました。

運動会にはおにぎりと茹で落花生が定番で、おにぎりを食べずに茹で落花生を食べてた。

祭りにも茹で落花生を用意してくれる家があり、祭り衣裳の腹掛けに入りきれないほど詰め込んで太鼓をたたいていた。

ある人は「もっと塩が利いた方がいい」とえば、その隣には血圧が気になる奴もいるといったあんばいで、人様々ではありますが、富士宮の人間はおおむね茹で落花生を好物にしているらしいです。

女性囃子方第一号のひろみちゃんの息子は、そんな中一心不乱に茹で落花生を食べ続けておりました。

 

5. 横浜の中野さん

そう言えば、実家(富士宮市)に行くと『ゆでらっか』(って言うかな?)がよく出てきます。横浜辺りでは見かけませんねぇ。

聞いた所では、富士の特産品に『ゆでらっか』があるそうです。駅だかスーパーだかで冷凍のものが売ってるそうです。

 

4. 県立大の内藤博敬さん

出身大学が千葉にあったもので、登下校中よくみかけました。

生・茹で・煎り・バター・みそ・チョコレートなどなど 今でも遊びに行くとピーナッツ一色を感じます。

新小岩から総武線などでだいぶ行った千葉県には、スーパーの店頭にも置いてあると思います。東京に近いところではベッドタウン化して食文化が変わったり、お土産としてのピーナッツが主体になっているのでしょう。

小岩近隣では、葛西臨海水族館のレストランに茹で落下生が売っていたような記憶があります。

静岡では県大や家(静岡市 池田)の周りの無人販売所なんかで生の落下生を見かけたりします。草薙駅周辺の飲み屋で、過去にお通しとして出されたこともあります。 実家の東京では、千葉とか栃木から来る行商のおばさんが生の落下生を持ってきて、煎って食べることが多かったです。

祖父がたまに茹で落下生を食べてましたが、大人の味ってやつですかね、子供の私にはちょっと・・・。

長々と綴ってしまいましたが参考になったでしょうか。

 

3. 東京の岡さん

こんにちは、東京の岡でございます。

佐野さんと同じ富士宮に住んでいた時は、「茹で落花生」ばかり食べていました。

川崎、新小岩(東京)と移り住んできましたが、生の落花生を店頭で見ることはありませんねー。

うちの母親は、「茹で落花生」食べたさに静岡に遊びに行きたいとか言い出す始末。

新小岩から総武線でちょろっと行った千葉県は、確か落花生の産地だったはずなんだけれども、生の落花生は店頭で見たことないです。

ちょっと「分布調査」にしては範囲が広すぎました?

 

2. アル/鈴木義弘さん

はい、並びます、食べます、好きです、相良です。

 

1. 静岡市 野崎さん

落花生って乾いた状態で食べることしか知りませんでした。

殻付き落花生は死ぬほど好きなので、是非是非その茹で落花生を食べてみたいです!

ちなみに、私は静岡市ですが八百屋で生落花生は見たことがありません。 ついでですが、小学校の給食には鯨とかいるかが出てきた年代の人です。(笑)

 

 

 

捨てきれないアナログデータ

電子書籍というのも画期的で、本屋に出向かなくても本や雑誌を閲覧する事が出来る。

先日話題になった富士山の山体崩壊という雑誌記事も、タブレットで読んで確認した。

 

その内容は富士山周辺住民にとって重要な警告となっているので、このブログでも先日ご紹介したところで、非常に興味深い内容なので資料として保存する必要を感じた次第だ。

 

 

タブレットの閲覧画面をキャプチャーした物だ。

 

見開きページの写真や図版をを引用する場合は、iPadで閲覧したページをキャプチャーしたほうが綴じ目を気にせずに使える。でもタブレットの画面自体が小さいので、大きな図版を見るには物足りない。

 

 

 

 

キャプチャーした記事に画像編集ソフトでマークできるから、記事からの引用もできる。

 

実際に売り切れなどで雑誌が無くても、タブレットなどで閲覧した記事を引用する事は可能だし、キャプチャーしたデータの保存も出来るから、場合によってはその方が扱いやすい事もある。しかし記事自体を保存したい場合にデータだけではやっぱり物足りない。

私が古い人間だからかも知れないが、そう思う。

今回の記事には、かなり興味深い記述があるのでなおさらだった。

 

昨日から雑誌を求めて本屋を何軒も回り、今日やっと入手する事が出来た。

 

タブレットで読んだ記事なのだが、雑誌で実際に見てみると見方の違いに気付く。

記事を読み挿絵や図版を見て、また記事に戻る。行きつ戻りつするのも雑誌では簡単だ。

 

スマートフォンより大きいとは言え、タブレットは雑誌より小さい。

見開きページで計ると、実寸が幅42僂覆里法▲織屮譽奪半紊硫萍未鷲19.5僂澄

タブレット内の文字や絵は簡単に拡大する事は出来るが、大きくすれば部分しか見えない。

やっぱり、雑誌自体が見やすい大きさで作られていると言う事なのだろう。

 

タブレットで読む事を前提に編集された物なら話はまた違うが、今回の場合タブレットから情報は得られるが、見やすい資料としては実際の雑誌の方が向いていると思った次第だ。

 

アナログデータからデジタルデータに移行する事は、案外難しいのかも知れない。

 

表彰

11月14日10時半からの表彰式に出席するため、少し早めに市役所に出向いた。

 

市役所正面玄関

 

会場のある7階の窓からは市街と富士山がよく見える。

今日は残念ながら雲が多く、山頂部分しか見えないのが残念だ。

 

山頂部分をアップで。雪も何とか定着したようだ。

 

開式前の会場。開始まであと22分。

 

表彰式が始まった。順次名前が呼ばれ、表彰状が手渡される。

写真は消防団時代の知り合い。

表彰者は18団体から推薦の29名だそうだ。

 

続いて市長が祝辞を述べた。

 

これがいただいた表彰状とプログラム、記念のプレートだ。

 

同じ職種で長きにわたり働いた人を同業団体が推薦し、表彰される。

ただし、年齢が満60歳に達している事が条件で、私も在職年数ではとうに該当していたけれど60歳になってようやく表彰していただいた。

 

式を終えて同じエレベーターに乗った人が、「あと10年頑張ってみるか」と言っていたのが印象的だった

表彰には、励まして背中を押すような効果もあるのだなと実感した次第

平成23年度静岡県立富士高等学校富友会総会


平成23年8月20日に富士市交流プラザにて富友会総会が行われました。

続いて22年度江戸川乱歩賞を受賞した横関大氏の講演、声楽家長谷川寛氏の独唱会が行われ、会場をホテルグランド富士に移しての懇親会。

へんぽらいが写真でレポートします。

 


すべて表示


我々高校22回卒が主幹事を務め、27回、32回、37回卒にもご協力いただき無事に終える事ができました。


 


富士宮第二中学校昭和41年度還暦同窓会

平成23年8月13日に富士宮第二中学校昭和41年度卒の還暦同窓会が行われました。


頻繁にクラス会を行っているクラスもありますが、全体の学年同窓会は初めて。45年ぶりの再会もあり、昔話や近況報告など話は尽きませんでした。


 



 


あらためて、少年老い易く学成り難しを実感したものです。


担任の先生で最近亡くなられた方もあり、同級生もすでに何人か亡くなっています。


こうして再会できた事を喜ばなければバチが当たるって物。


 



記念撮影は2回に分けて行いました。最初は1-4組。


 



次に5-7組。


この2種類の写真をセットにして全員に送りました。当然お仕事として。


送り先の宛名は受付の際に封筒に本人に書いていただきましたので、転記ミスによる不着はたぶん無いはず。


 


 


話は尽きませんでしたが、再会を約しお開きとなりました。


 


 


パワースポット

昨日は神幸会(浅間大社氏子青年会OBの会)の新年会。


 


歓談する中で、大酒を飲んでタバコもたくさん吸っているのに神主さんでガンになった人がいないと言う話になった。


浅間大社氏子青年会の発足が昭和49年1月、それから37年経つがガンの話はそう言えば聞かない。


 


ある者が言う。


「これは絶対、神社というパワースポットのせいだ。」


たしかに浅間大社には、大きな後背林の樹木と富士山の伏流水が湧き出る湧玉池がある。自然のエネルギーが充ち満ちているのは、私も感ずるところだ。


 


近年のパワースポットばやりで、それ目当てで境内を訪れる人も多いと聞く。


神主さんに聞けば、若い女性が境内の木に抱きついているのを見ることがあるとか。


 



近年この湧玉池の水を汲みに来る人も多いが、そう言えば神社で日常的に使っているのはこの水だと言う話だ。


なにか御利益があるのかもしれないな。


 


 


骨折り損のくたびれもうけ

弟の娘が産まれた時、叔母がお祝いだと言って簡易保険の証書をくれた。


ところがそれをしまい忘れ、満期を11年も過ぎてから発見。


払い戻しをしようとして仕事場近くの郵便局へ行った所、少々面倒な事になると言われた。


 


満期の受取人は叔母になっているのだが、9年も前に亡くなっており権利は相続人に移ったという。それを一人で相続した父は2年前に他界し、その遺産は私たち子供で分割相続した。手続きの上でちとやっかいだというので、姉と弟が指定物件を相続し残りの一切を相続した私が手続きに出向く事になった次第だ。


 


叔母と父、2度の相続手続きの書類を揃え郵便局に出向いた所、印鑑を忘れたのに気づき取りに戻って出直した。ようやく窓口で証書を見せ、説明を始めるとやっぱり込み入っているので隣のブースで相談する事になった。


 


しばらく待つと担当職員がやってきたので説明をしようかと思った所、すでに払い出されたとの話。


 


えっ???


 


譲り受けた当人のところに証書があるのに誰が引き出す事が出来たのかと訝ると、払い出し局が叔母の住まいのある所だと判った。


満期の少し後に紛失手続きをして、しばらくして払い出されたという。


 


思うに、郵便局から満期の連絡が来たものの証書がないので、叔母が紛失の手続きをして受け取ったという事らしい。


叔母と弟の間で証書についてのやりとりがあったかどうかは判らない。


叔母が弟に贈った事を忘れたならとんだ”くれだまし”だが、もし弟がそれを聞いていたのならかなりのうっかりものだ。


 


それにしても弟の行った局で、払い済みの確認が出来ていなかったのはどうしてだろう。


聞いてみたら、簡易局のような小さなところでは機械がないので確認できないとの事。


こういう手続きは、やっぱり小さな局ではすべきでないな。


 


最初に判ればこんな無駄足もなかったわけだが、自分の事でもないのにとんだ「骨折り損のくたびれもうけ」だった。


 


やれやれ。


 


 


逃亡者

先日捕まった噛みつきザルに、濡れ衣説が出ているそうだ。


三島市や周辺市域で多くの被害者を出したのは、1匹の仕業ではなく複数犯の可能性が高いのだとか。


まさか冤(猿)罪というだじゃれを言いたいためだけの話じゃないだろうが。


 


多くの噛みつき騒ぎを起こして、賞金つきのお尋ね者になったのが9月だったろうか。


危険な猿で注目を浴びた事で、目撃情報は格段に増え、足取りの追跡が出来るようになった。


 


沼津市から富士市に入る頃から先輩のみすたけ氏(@misutake)がGooglemapにそれぞれの市発表の出現情報をマークして公開されていた。


 


みすたけ氏による猿出現マップ-1 9月18日から29日の足跡


 


みすたけ氏による猿出現マップ-2 9月30日以降分


 


この猿の移動に関しては実に良く把握されている。


噛みつき騒ぎ以後、各市で捕獲体勢を取り追跡して居たからに他ならない。


 


実は以前5月から6月にかけて富士宮市内で、猿の出没情報が広報無線で流された。


猿出没マップ


 


同一かどうかは不明だが、当時は噛みつき被害はまだなかったので情報自体が少ない。


最初の猿目撃広報はわが町内だったそうで、家屋二階に入り込んだ猿が柿種を盗み、逃げた屋根の上でそれを平らげ、市街に消えたとの事。


6月で猿の広報も途絶えた。


 


9月末、猿が富士宮を駆け回り、富士宮市内房から富士市松野あたりで見かけられた頃、囃子仲間が聞いてきたという話しはこうだった。


松野に出没して悪さをしていた猿を捕まえ、愛鷹山の深い山中に放したという。


それが裾野市や三島市、沼津市あたりで悪さをし、追いかけ回されて戻ってきたのではないかとのこと。


 


そういえば内房から松野に移動した後、あっという間に羽鮒、稲子に移動している。


同じ猿ならば以前捕まった所はやっぱり嫌うのだろうか。


 


富士宮市の広報以前にも、捕らえた猿を市北部の山に放したという新聞記事を読んだような記憶もある。今回捕らえられた猿はどうやら人に飼われていた猿のようだというから、何度も何度も人里に舞い戻ったものかも知れない。


捕らえられる事でより慎重になり、長期の逃亡劇を演じたのでは。


 


それぞれが別の話か同じ話か、それは判らない。


 


でも一匹の猿がそれだけ逃げ回っていたとすれば、もちろん危害はもっての他だが苦難の連続は同情に値する。


 


終の棲家も楽寿園に定まったようだし、言葉が通じるものならその逃亡の物語を聞いてみたいと思う。


全戸配布の地図情報誌

10月に富士宮市内全戸に配布されるという地図情報誌に広告を掲載。


 



 


本日集金でその情報誌を数冊頂いた。


クーポンありで掲載しているが、その内容は企画した会社のサイトにブログで紹介するということなので、クーポン用商品を手配し急ぎ掲載した。


 


以下紹介文*******************************


大判フィルムで撮影し外注で処理していた今までの写真は、仕上がりに時間もかかり費用もかかりましたが、高解像度デジタルカメラを使用し、業務用プリンタで自家出力できるようになりましたので、経費を大幅に削減し納期も短縮することが可能になりました。


今までセットされていた修整、台紙などをオプションとし、プリント料金と撮影料金を分けることで初期費用を抑えることが出来ます。


1枚の写真を撮るために、カット数を気にせずベストショットを狙うことが出来ます。


 


クーポンご利用で500円値引きさせて頂きます。


 


ご予約の上、ミニポートレートとご指定下さい。


***********************************************


 


一過性の折り込みチラシや地方紙の新聞広告などでもかなりの費用がかかる。


それを思えば、全戸配布の地図情報誌の広告は案外安いと思う。


 


大いに活用せねば。


 


 


電話で粗悪なカニ売りつけ

静岡新聞でこんな記事を見つけた。


 


「電話で粗悪なカニ売りつけ」


過去に取引があったように見せかけ、電話で勧誘し粗悪なカニを売りつけていたとのこと。


 


多分こいつだと思う。わが家にも2回電話がかかった。


以前取引があったような言いぐさに買ったことは無いと答えると、「あれ?そうでしたか」ととぼけて電話を切った。


 


9人に売りつけたとのことだが、これは被害を申し出た人の数らしく、実際には1400人に売りつけていたのではないかとのこと。


泣き寝入りの何と多いことか。


 


素性の判らぬ電話営業は全て断るに限る。


 


「電話での営業は、全てお断りしています。」


ってね。



記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ