へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

阪神淡路大震災

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

5年目の鎮魂太鼓

昨日「へんぽらいの祭り談義 : 鎮魂太鼓を行います」でお知らせした鎮魂太鼓の御報告です。



IMGP4826

太鼓の準備を終え、休憩所で談笑する仲間達です。



IMGP4828

今年は報道各社から取材が訪れました。いつになくその数が多いのは、5年目という節目だったことと、平日のこの日に行う団体も少なかったと言うことのようです。
応対しているのは深沢会長です。

富士宮囃子保存会が発足したのは平成9年の8月でした。その前に個人の呼びかけで行われていた阪神淡路大震災の犠牲者に対する鎮魂太鼓を引き継ぎ、新年打ち初めとして定着させました。名前こそ「新年打ち初め」でしたが、鎮魂太鼓の趣旨を受け継いだので毎回黙祷を捧げ恒例の行事として続けてきました。そのために「鎮魂太鼓」という呼び方も続けてなされていました。
保存会の発足年度からこの「新年打ち初め(鎮魂太鼓)」は途切れること無く行われています。

阪神淡路大震災の記憶も薄れつつあった平成23年3月11日に、東日本大震災が起き未曾有の被害を出しました。続けざまに3月15日に起こったのが富士宮市富士山二合目を震源とする震度6強の静岡県東部地震でした。地震の怖さを身をもって体験し、郷土の平穏を祈りつつ震災の犠牲者を鎮魂する思いは、新たなる鎮魂太鼓を実施させました。
平成24年以降は毎年3月12日以前の日曜を選んで東日本大震災の犠牲者を慰霊する「鎮魂太鼓」を行っています。

ところが、今年はちょっと事情が違いました。
例年会場として使用していたふれあい広場が整備工事の真っ最中で、この時期に使用することが出来ません。祭り実施全区の囃子方が同じ会場に集い親交を深めるというもう一つの意味合いは、会場が狭くては実行出来ません。工事の完了を待たざるを得ませんでした。

でも大元の「鎮魂太鼓」なら、有志による小人数の参加でも平日の3月11日実施が可能ではないかと急遽呼びかけがあり、今日の実施を見ました。



IMGP4829

開始を前に手順の説明です。



2016-03-11-16-43-49

地図アプリで見たら、この場所から見て被災地は富士山方向の延長でした。



IMGP4830

太鼓を富士山方向に向けセットします。
この方向は浅間大社本殿や拝殿の方向でもあります。



IMGP4835

市の広報無線のサイレンに合わせて黙祷。
黙祷を終えたらお囃子の奉奏です。




動画で、黙祷から1回目のお囃子奉奏までを記録しました。
御覧下さい。



IMGP4843

1回目のお囃子奉奏。



IMGP4845

遠巻きに見る参拝者と取材する記者。



IMGP4852

メンバーを替えて2回目の奉奏。



IMGP4859

2回目の奉奏



IMGP4849

深沢会長もホッとした様子。



2016-03-11-15-16-24

さあ、撤収です。


富士宮囃子保存会のお囃子仲間の「集い」は4月24日に行われる予定です。
桜の時期には境内も混雑します。花の賑わいも終わり、落ち着いた青葉の頃でしょうか。

ふれあい広場の整備完了の頃には桜咲き始めます。
大いに楽しみです。

鎮魂太鼓を行います

PNTX4478

富士宮囃子保存会恒例行事、昨年の鎮魂太鼓開始です。

この前身は阪神淡路大震災の翌年、鎮魂の祈りを籠めて全国で太鼓を打ち鳴らそうという呼びかけに応じたものでした。平成8・9年は個人の呼びかけにいくつかの地域の囃子方が賛同し、震災の起きた日に浅間大社前で鎮魂の祈りをこめお囃子を奏しました。

平成9年に富士宮囃子保存会が発足しました。
会の定例行事として鎮魂太鼓を定着させたいとの要望に、長い目で考えたら会員相互の親睦を図るために集う「打ち初め」なら良いのではとこれを了承し震災の日近くの週末にずっと続けています。
名前は「打ち初め」になったとは言え「鎮魂太鼓」の趣旨はずっと生き続けていました。

平成23年3月11日に東日本大震災が発生し、3月15日には富士宮市を震源とする震度6の大きな地震に襲われ恐怖を我が身に感じたものです。
翌年からは実施日を改め、3月11日に近い週末に日程を変えて行っています。

ところが今年は会場の神田川ふれあい広場が整備工事のために使用出来ません。
IMGP4642-Pano2400

工事が終わるのは3月22日の予定だそうです。

桜が咲くのにようやく間に合う、といったところ。


IMGP4777

会場が使えなければ場所を改めるしか在りません。
そこで、今年は3月11日に保存会有志を募り、小人数ですが浅間大社湧玉池付近で鎮魂を祈り囃子を奏します。雨の場合は祈祷殿前で行います。

14:46 黙祷
    そして鎮魂の囃子を奉奏します。

3月11日、あの日を風化させないために、祈りを捧げましょう。


保存会全体の親睦を兼ねた集いは、4月下旬に整備が整ったふれあい広場で行うべく準備中です。






昨年のブログです。へんぽらいの祭り談義 : 鎮魂を祈り、平穏を祈願



一昨年のブログです。へんぽらいの祭り談義 : 鎮魂太鼓 - 花粉症の季節


記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ