湧玉池のニジマスが激減しています。
カワウの食害によるもので、今日覗いた所神路橋の上流側下流側に各1尾が見られただけ。
川中厳島神社の前から池を見ると鯉が1尾泳いでいるのが見えたので、とりあえず写真を1枚撮って引き上げました。

家に帰って写真を整理していて驚きました。
PNTX4349

これがその湧玉池の鯉です。
元々平地の池沼が生息地の鯉は年間通して水温の低い湧水には不適で、誰かが放した物なのでしょう。
でも良く見ると顔が歪んで見えます。
風が強く、波立つ水の揺らぎはあるでしょうが、右目が飛び出して見えます。

PNTX4349-p

鯉頭部の拡大です。
やっぱり傷んでいるのかな。


PNTX3258

11月24日朝のカワウの群れです。
10羽を超えるカワウが、ふれあい広場のラクウショウに止まっていました。

小型を丸呑みするぐらいで、まさか30僂魃曚┐襪茲Δ淵縫献泪垢禄韻Δ泙い隼廚辰討い燭里任垢、ニジマスの数が激減し大型までもが姿を消している所を見るとどうもカワウたちは大型の鱒まで襲っているのではと思われます。

この鯉もあるいは襲われて傷を負った可能性があります。
水の揺らぎでそう見えたのなら笑い話なのですが・・・。