へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

鳥居

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

平成28・29年富士山頂写真レポート総目次

平成29年富士山頂滞在レポート目次

NKN_4502-800
年輪 - 富士山頂鳥居建て替え 2017.7.11
76年の歳月と風雪に削られた奥宮の鳥居が、建て替えられます。



IMGP8208-800

富士山に登ります 2017.7.19
テレビのニュースを見て、建て替えられた鳥居の渡り初めを取材に登る事にしました。



IMG_6597-800

新鳥居見に富士登山 2017.7.20
21日の新鳥居渡り初めを見に、20日に富士宮口から登りました。
各号目の室ごとに写真を撮り時間を割り出しましたが、足の弱い年寄りが写真機材を欲張って持っていったのでそれは時間がかかりました。



PNTX9749-800

御来迎(ブロッケン現象)に遭遇 2017.9.3
仕舞い支度の富士山に再度登りました。
九合目で遭遇したブロッケン現象の事です。



PNTX9880-800

富士山頂夜明け前 2017.9.5
昨年撮れなかった富士吉田口登山者の灯りを狙うべく、早朝より起き出しました。



我が家

富士山頂から我が家が撮れた
9月4日に富士山頂馬の背からデジタル一眼カメラに70〜300丱此璽爛譽鵐此△海譴2xのテレコンバータを使用しました。



PNTX9798-800

山頂の夜は氷点下 2017.9.9



image

富士閉山に思う 2017.9.12
昨年撮れなかった写真をいくつか撮る事が出来ましたが、まだやり残した事も多くあります。



= 写真アルバム =


PNTX9620-800
眺め(富士山と富士宮)
富士山からみた富士宮と富士宮から見た富士山



PNTX8476-800

富士山頂奥宮鳥居渡り初め



PNTX9765-800

平成29年富士登山終盤



PNTX8379-Pano800

富士山パノラマアルバム



PNTX9736-800

御来迎(ブロッケン現象)


PNTX9874-800

富士山頂夜明け前 2017.9.5




PNTX8419-800

富士山頂の星空 2017.7.20



======================================================================

以下は平成28年富士山頂レポートの総目次です。

富士山頂に滞在した10日間に撮影した写真と、ブログに投稿した記事へのリンク集です。

◎アルバムより(faccebook)

富士山頂にて 2016.7.19
 8年ぶりの富士山頂です。夕刻見た剣が峰の虹色のガスは、向こうから見ていたら御来迎に見えたんじゃ無いかな。

御来光から満月の出まで 2016.7.20
PNTX7999-Pano640

この日は満月だったので、朝は御来光を撮影し夕方には満月の出を撮影しました。

富士山頂上滞在3日目 2016.7.21

富士登山 2016.7.26
翌日の奥宮竣功奉告祭を取材するために、この日は自力で登りました。
五合目の看板から奥宮の鳥居まで丁度10時間はかかりすぎだけど、天気が悪くて荷物も重かったので足の弱い年寄りだから仕方ないかな。

奥宮竣功奉告祭 2016.7.27
PNTX8217-800



富士山頂奥宮・久須志神社例祭 2016.8.15
PNTX8596-800

山頂で行われる例祭に参列する役員さんに同行し、取材しました。
1時間遅れで行われる久須志神社までの移動が、なかなかきつかったです。

お鉢巡りと台風接近 2016.8.16
久須志神社から奥宮まで反時計回りにお鉢を移動。
台風が接近していましたが、下界がよく見えました。

台風去って 2016.8.17
今度は時計回りにお鉢巡り。夕刻月の出を待つも、ガスに覆われ断念。

山頂の峰と満月の出 2016.8.18
朝から三島岳、朝日岳周辺を廻りお鉢の峰を見回しました。夕刻満月の出を待ちましたが積乱雲が発達しガスも出て、一旦は引き上げたのですが、雲の中から満月が顔を出しました。
この状態では星空や夜景は望めそうも無い感じでしたが、夜中に目覚めるとなんと!!

滞在最終日初めての好天 2016.8.19
PNTX9195-2-800

山頂滞在最終日で、いよいよ下山するその日です。
前日の満月が昇る頃は、雷鳴が轟き雲も空を覆っていました。
だから正直あまり期待はしていませんでしたが、2時半頃目覚めると外は皎々と月明かりが照らしています。撮影機材のリュックを担いで飛び出しました。
月明かりがあるとは言え星も意外に見え、下界の街明かりもしっかりと見えました。
白み始めた空から御来光が昇るまで、そして満月が沈もうとする雲海に富士の影が映るのも見届けました。
最後の最後に濃縮された時間をプレゼントされた感じがします。
ただただ感謝申し上げます。

◎ブログより

・7月19〜21日と7月26〜27日の滞在について

浅間大社奥宮
PNTX7969-2-800

富士山の八合目以上を所有する浅間大社の奥宮は、夏の登山期間のみ開かれます。 拝殿と本殿の改修が3年がかりで行われました。竣工祭が7月27日に行われます。 白木のまぶしい奥宮にどうぞお参り下さい。

剣が峰
富士山最高地点で、富士山測候所のレーダードームがあったところです。 富士山レーダーは役目を終えドームはなくなりましたが、あのドームを懐かしむ声もよく聞きます。

御来光
早朝晴れていれば、雲海の上に昇る朝日を見る事が出来ます。 この感動を味わうために登る人も多いと聞きます。

お鉢巡り
富士山の火口の縁をまわります。 天気の良い日なら、短い時間で周囲の景色を楽しめます。 裾野で一周することを思えばこれもなかなか素敵です。

満月
わざわざ富士山で月の出を見ようとは、誰も思わないでしょうね。 7月20日の満月が昇るのを、今朝御来光を見た場所で一人待ちました。

竣功奉告祭その1
奥宮前

震災による損壊以前と全て解体しての大造営完了後でどう変わったかの比較です。

竣功奉告祭その2
明治以来百余年を経た富士山頂奥宮本殿以下全ての社殿を解体しての大造営が竣功しました。 竣功奉告祭当日の記録です。

鳥居
風雨にさらされ長い年月を経た鳥居、鬼気迫ります。


富士山頂では水が貴重です。

郵便局
来年には奥宮建物に戻るそうです。

公衆トイレ
山頂の公衆トイレをレポート。


雨の登山はなかなか辛いものです。条件が許せば天気の良い日に登りたいもの。


・8月15〜19日の滞在について

下山報告

お鉢からの眺め
PNTX8772-2-800

 下界が晴れていれば、2時間足らずのお鉢巡りで富士山周囲のさまざまな景色を楽しめます。

満月の富士山頂
 満月が照らす富士山頂の風景です。

富士山頂満月の星達
 月が無ければ星は数え切れないほど天を埋めるそうですが、月の夜でも明るい星はやっぱり見えています。

御来光 星空から日の出まで
 いつもと違うのは満月の夜だったこと。オリオンが昇る頃、東の空は白み始めきれいな御来光が昇りました。

富士山頂から我が家は見える?
PNTX8761-800

 上が白尾山、左がイオン、下がテルモで真ん中は浅間大社です。

富士山頂の愛すべき怪獣達

山頂の雲

鳥の目で見る富士山頂

月夜の富士登山

富士山頂火口周囲の峰々

剣が峰と馬の背
PNTX9087-800


浅間岳

三島岳

駒ヶ岳

朝日岳

白山岳

久須志岳

成就岳

伊豆岳

富士山頂に水音を聴く


本日閉山

天女が口づけた - 御来迎の裏側

富士山頂満月の徘徊 その1 2016.7.20-21

富士山頂満月の徘徊 その2 2016.8.18-19



富士山に登ります

PTX50752-800

昨年の思い出深い富士登山では登り始めたのが、写真のデータでは7月26日の7:25となっています。


PTX50766-800

途中から雨に降られ、雨合羽を着て慎重に登り、富士宮口頂上にたどり着いたのがデータによれば17:25の事でした。丁度10時間です。
そこで待っていてくれた鳥居を見て、ホッとしたのが忘れられません。



NKN_4503-800

この星霜を経た鳥居が、今年建て替えられました。
昨年は東日本大震災で傷んだ山頂奥宮の大改修が完成しましたが、鳥居はまだ古いまま残されました。



IMGP8208-800

(写真=NHKニュースより)
それが今年76年ぶりに建て替えられ、ニュースで報じられました。



IMGP8213-800

(写真=NHKニュースより)
この鳥居に会いに行きます。
ちょっと慌ただしいのですが、20日に登る事になりました。
また1日がかりで登り、鳥居に挨拶して翌21日に下りてきます。

出来れば所要時間の短縮もしたいものですし、好天ならば鳥居と星空の2ショットも狙いたいもの。
軟弱者ですので、こうして宣言でもしなければずるずると登る機会を失いかねません。
老骨に鞭打って、頑張ります。

18日夜の雷雨が梅雨明けの知らせなら、梅雨明け十日は好天と言いますから丁度よいのですが。












年輪 - 富士山頂鳥居建て替え

7月10日の地元紙によれば、富士山頂浅間大社奥宮前の鳥居が76年ぶりに建て替えられるそうです。

NKN_4452-800

これは昨年平成28年7月19日に写したものです。
今年の山開きで登ったfacebook友達によれば、すでに鳥居は撤去され建て替えの準備中だったとのこと。

この鳥居の写真をよく見れば、向かって左の柱に凹凸が目立っています。



NKN_4502-800

ここだけみると割れもかなり目立ちますが、削られてくっきりと浮き出た年輪が見て取れます。



NKN_4503-800

グッと寄ると、まるで立体地図(積層模型)のよう。
誰の仕業かと言えば、風と砂の共同作業のようです。



NKN_4500-800
奥宮にお参りして剣が峰に登る際、奥宮と山室の間を通ります。
ここが樋状になっていて風が強まり砂を鳥居に吹き付けるので、長い年月のうちに柱が削られ年輪が浮き上がった物です。
左側が特に削られているのは、樋を抜けた風が強く当たるからでしょう。



NKN_4506-800

山頂はバクテリアが少なく木が腐りにくいので、ひび割れても削られても76年間頑張ってきたのでしょう。



NKN_4504-800

銘板には紀元2601年に日本電報通信社(今の電通)が奉献したと刻んであります。

新たな鳥居は昔の鳥居と同じ会社が奉納し、製作は浅間大社のある富士宮市の協和産業、12日を目途に同じ場所に建立されるそうです。

新しい鳥居の姿が、明日にも登山者によってアップされるでしょう。
昨年の大改修には間に合いませんでしたが、これでようやく大改修が完成です。



PNTX9291-800

今年はまっさらの鳥居が、登山者を迎えてくれるでしょうね。



鳥居

富士山頂の鳥居が見えた

雨上がりの夕空に富士山が顔を見せました。


PNTX9445-800

浅間大社境内の祈祷殿前から山頂を仰ぎます。



PNTX9445-2

山頂稜線もお鉢巡りなどで何度も歩きましたので、拡大して見ると見慣れた物が見つかりました。
富士宮口登山道頂上の鳥居と、駒ヶ岳、三島ヶ岳の鳥居です。



PNTX8786-800

岩淵鳥居講が申年の今年奉納し建て替えられた鳥居で、その向こうに見えるのは駒ヶ岳の鳥居です。



IMGP7473-800

そしてもう一つ、三島ヶ岳の鳥居です。
拡大写真では点にしか見えませんが、富士宮口頂上剣が峰よりの三島ヶ岳にあります。


300弌35ミリで450仭蠹)だと駒ヶ岳と三島ヶ岳の鳥居は白い点にしか見えませんが、1-1.5メートルほどのものですから無理もありません。
鳥居の形に見えるのには、どのぐらいの望遠が必要なのでしょう。400个任呂泙世泙世任靴腓Δ。

剣が峰の旧測候所はよく見えますが、山室も灯りは見えるのですから探せばきっと見えるでしょう。
ともあれ、鳥居が見えたのは新たな発見でしたので、見えそうなものを探してみることにします。



富士山頂から我が家は見える? : へんぽらいの祭り談義

富士山頂滞在記 鳥居

NKN_4502-800

浅間大社奥宮の鳥居です。(2016.7.20)



NKN_4503-800

風雪に耐えたその肌には、削られて浮き上がった年輪がくっきり。



NKN_4504-800

この鳥居の奉納者「日本電報通信社」は現在の電通(株)のことで、紀元二千六百年は昭和15年(1940)ですからこの鳥居はじつに76年ここに建っています。
あと24年朽ちずにいたら100年。
そこまで保ったならその肌の彫りはどれだけ深まる事でしょうか。



PNTX8111-2-800

駒ヶ岳上の鳥居(2016.7.27)



PNTX8024-800

昇る満月と駒ヶ岳の鳥居です。(2016.7.20)




PNTX8172-800

三島岳上の鳥居(2016.7.27)



PNTX7758-800

御殿場口頂上の鳥居(2016.7.19)



PNTX7761-800

銀明水の鳥居(2016.7.19)



PNTX7755-800

久須志神社周辺(2016.7.19)
手前に見えるのは須走口頂上の鳥居で、奥に見えるのは吉田口頂上の鳥居です。



PNTX8115-800

富士宮口頂上の鳥居(2016.7.27)

胸突き八丁と呼ばれる急傾斜に建つこの鳥居、下から見ればすぐそこに見えながら行けども行けども行き着けないという何とも恨めしいところがあります。

この鳥居は 岩淵の鳥居講が申年に奉納するもので、静岡新聞ニュースによれば、7月29日に撤去されたそうで、新たな鳥居は8月7日に設置されるそうです。



神社本庁|鳥居についてによれば、
「鳥居は神社を表示し、また神社の神聖さを象徴する建造物ともいえます。鳥居は神社の内と外を分ける境に立てられ、鳥居の内は神様がお鎮まりになる御神域として尊ばれます。また、特定の神殿(本殿)を持たず、山など自然物を御神体、または依代(よりしろ)としてお祀りしている神社の中には、その前に鳥居が立てられ、神様の御存在を現すものとして重視されています。」
とのこと。






富士山頂滞在記 目次 : へんぽらいの祭り談義

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ