へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

鶴竜関

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

昨年節分祭の思い出

PNTX4141s+640

節分祭に鶴竜関が土俵入りを奉納したのは昨年の浅間大社節分祭でした。
この土俵入り実現に尽力された方々の記念写真と土俵入りの写真を承ったのですが、勘違いから土俵入りのこの写真を撮り損ねる所でした。
拝殿を背景に記念撮影をするというのを土俵入りの前だと勘違いして待機していたので、楼門から入場してきた一行が拝殿前まで進みそのまま土俵入りが始まった時には血の気が引きました。

PNTX4135


「間に合わない!!」
_DSC8914-800

(撮影:浅間大社森脇禰宜)
土俵入りが行われている脇を駆け抜けるわけには行かず、観客席の後ろを回れば土俵入りが終わってしまうかも知れない。見れば2列目に敬神婦人会の皆さんが座っている。
ここしかないと強引に通していただき拝殿前に駆けつけ、そしてなんとか土俵入りを撮影することが出来ました。


PNTX4151+640

土俵入りを終えての記念撮影です。


絶体絶命を助けたものはなんだったのでしょう。見えない何かの力に後押しされたから動けたのでしょうが、火事場の馬鹿力と言ってしまえない不思議さを感じています。

そしても一つ不思議だったのはこの写真です。
27mamemaki

この日はじめて顔を合わせたあさぎりさんと隣り合って豆まきの写真を撮っていたのですが、Twitterのメールで紹介されていた写真が自分の撮った写真に見えました。
あらためて写真を探すと、私の写真とまさに同じ瞬間にシャッターが切られていたのです。
手から離れたみかんや豆が、同じ形で空中に止まっています。
大きく違うのはカメラ位置の高さでした。示し合わせて同時にシャッターを切ればこんな事もあるかも知れません。他の写真はほとんど横構図でしたが、この時たまたま縦構図で撮ったものです。
偶然とは言え、まさに節分祭の奇跡でした。

そんなこんなでいろんな事の起こった昨年の節分祭は、一生忘れることは無いでしょう。


鶴竜関土俵入り写真販売

平成27年2月3日に横綱鶴竜関が浅間大社に土俵入りを奉納しました。
主催者様のご注文で撮影したお写真です。

額

(額はイメージなので実際の収まりとは違います。ご承知起き下さい。)

浅間大社への土俵入り奉納はこれ以前は80年も前だったそうで、この先いつ行われるかは予想もつきません。
貴重なこの記録をぜひ多くの方達に保存していただきたいと、主催者様より写真販売のご許可をいただきました。

なるべく求めやすくと言うことでしたので、仮の価格を設定しました。
  キャビネ額入り  2,000円  キャビネプリントのみ  1,000円
  A4額入り     3,000円  A4プリントのみ    1,500円
  A3額入り     6.000円
  全紙額入り    12,000円

(この土俵入り実現にご協力いただいた方には、特別値引きがございます。)
額は一般的な木製額での価格です。
送る場合には別途送料と梱包料が必要となります。

ご注文は佐野写真館(0544-26-2200)までお寄せ下さい。
メールではこちらになります。
henpo@mail.wbs.ne.jp
ご注文をいただいてから手配しますので、納品までしばらくお待ち下さい。

記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ