へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

xpwiki

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

使いこなして!サイトの高機能

喉元過ぎれば何とやらで、復旧すればXOOPSの多様な機能はやっぱり快適です。

富士宮まつりで今回引っかかったxpwikiの機能は素晴らしいものですが、訪問される方々にはなかなか使いこなしていただけないようです。

例を挙げて説明したいと思います。
a-1

実施区域というxpwikiモジュールのページです。
Googlemapに各祭典実施区の会所または区民館の所在地にマークした物です。



a-2

マップ下の太字で書かれた区名をクリックすると、その会所(または区民館)の所在地が上のマップに大きく表示され、拡大縮小はもちろんドラッグで周辺を見る事が出来、モードを切り替えれば航空写真で空から周辺状況などを見ることも出来ます。



a-3

実施区域を下にスクロールすると、実施各区の区名と半纏の写真が表示されています。
それぞれの区名をクリックすると、区の説明ページにジャンプします。



a-4

宮本の紹介ページです。



a-5

表示されている写真をクリックすると、アップされたデータが小さい物はそのままのサイズで、この写真のように大きな物はブラウザ画面に収まる大きさに縮小され表示されます。




a-6

写真表示画面の右側にカーソルを置くと写真画面右端の上部に「NEXT」、
左側にカーソルを置くと左端の上部に「PREV」と表示されますので、表示された状態でクリックすると「NEXT」ならそのページの次の写真に、「PREV」ならそのページの前の写真に飛びます。



a-7

写真データが大きい場合は表示画面の下側に「Original」「×Close」と表示されます。
「×Close」をクリックすると元の「宮本」の紹介ページに戻ります。



a-8

「Original」をクリックするとブラウザ画面いっぱいに写真が表示され、カーソルを写真に乗せると「+」マークがついた虫眼鏡型のポインターが表示されます。




a-9

「+」のついた虫眼鏡型ポインターを画面のどこかに合わせクリックすると、その部分のオリジナルサイズの画像がブラウザいっぱいに表示されます。
この状態だと虫眼鏡型ポインターには「-」がついていますので、クリックすると上の写真に戻ります。



写真投稿モジュールにアップした写真をxpwikiに使用することも出来ますが、写真投稿モジュールには解像度の上限が定められています。こう言った解像度の高い写真データを直接xpwikiにアップする場合は、大きなサイズの写真も投稿出来ます。
とは言え、大きな写真ばかりですと読み込みにも時間がかかりますので、内容によって使い分けるのが良いでしょうね。



xpwikiでは記述された内容の中に、用意されたページのタイトルなどがあると自動でリンクが設定されます。祭り年表(江戸時代から大正時代)など御覧頂ければ、多くの関連ページへのリンクが見られます。


復旧され更新された「富士宮まつり」で、間近に迫った祭りの下調べをしてはいかがでしょうか。




元の木阿弥 : へんぽらいの祭り談義

元の木阿弥

PNTX2315-800

昨年の富士宮まつり本宮登山道勢揃いです。

富士宮まつり」という私が管理している公式サイトではXOOPSを使用しています。
googlemapへの多数個所マークが出来なくなり、XPwikiをアップデートしようとしたら画面真っ白となりました。祭りが迫りつつある現在、サイトが見られない状態は避けなければなりません。

単純に元のプログラムをアップしただけでは治らず、途方に暮れました。

ともかくこのままではサイトの役目を果たせませんから、ネットを検索し早期の復旧を試みました。
データベースを使用したXOOPSはとても便利でブラウザ上から更新でき、様々なモジュールを選びサイトに多様な機能を連動させられます。

しかし、高機能ゆえに中身の理解出来ないブラックボックスのようなもの。
スタイルシートやhtmlタグで構成すれば、内容の理解は何とかできるもののデータベースを使用したシステムは、壊れると素人ではなかなか対処できません。

表示出来なくなったモジュールと関連の書き換えた部分を、元の状態に置き換えて見ましたがそれだけでは復旧しません。
各種設定をする管理画面を何とか表示させたいと思い、XOOPSを置いたURLに”admin.php”を加えて呼び出してみると、管理画面だけは表示されました。
エラーの原因を探るために一般設定を開こうとすると、真っ白になります。
モジュール管理でシステム管理のみ残して、他のモジュールを非アクティブにすると、XOOPSのトップページだけは表示されました。
一つずつアクティブにして、原因となるモジュールを探してみると、一部モジュールは正常に表示されますが、問題があるのはやはり書き換えたxpwikiモジュールでした。
これをアクティブにすると、トップページさえも真っ白になります。

このページが真っ白になる症状の対処法を探したところ、いくつか見つかりました。
デバッグモードにしてエラー表示から問題箇所を探すというもの。
真っ白になって一般設定には行けず、デバッグモードに出来ません。

こんな時の対処として"mainfile.php"に次の1行を書き足すという方法もあります。
define('OH_MY_GOD_HELP_ME',true);
試みたけれど、エラーが返されました。
使用しているXOOPSのバージョンが古く対応していないのが原因です。

問題のモジュールを提供しているサイトで発見しました。
PHP4への対応はメンテナンスを終了したとのことで、PHPのバージョンは5.3以降に変更を勧めています。調べたらバージョンは4.3.9でした。

これかな?

今度はレンタルサーバーの管理画面で、PHPのバージョンをサーバー会社が推奨している5.6.22に切り替えるとXOOPSの画面は表示されましたが、エラーメッセージが画面を埋めます。
PHPのバージョンを5.2.17に変更したところ、多少のエラーメッセージは表示される物のなんとか復旧しました。

モジュールを全てアクティブに直しても今度は画面が真っ白にはならず、以前に不調で使用停止していたモジュールも問題なく動作しています。

復旧にかかった期間は2日ほど。
とりあえず一息つきました。

一旦不調になった際には、比較的対処が可能なスタイルシートとhtmlタグで構成するシンプルなサイトへの変更を考えます。特に今回は祭りも迫ったところでのトラブルで、それを痛感させられました。

ところが動作を確認しながらページを更新していると、その快適さをあらためた実感します。順調に動作しさえすればXOOPSの便利さはやはり捨てがたいもの。
これからもXOOPSベースで行く事になりそうで元の木阿弥です。

でも公式サイトゆえ、サイトの不調は避けたい物です。
緊急用に必要最小限のhtmlベースのページは用意しなければならないでしょうね。

※googlemapへの多数個所マークは、wiki記述が崩れていたのが原因でした。
なんとか表示出来るようになったのが、こちらです。
祭典実施町内の会所または区民館をマークしてありますので、ご参考まで。


記事検索
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ