へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

夏の終わり

昨日ホームセンターのペットコーナーでシロメダカを見ました。

エサやりが雑なのかガリガリにやせています。
以前そこで買ってきたヒメダカもかなり弱っていて、飼い始めてから見る見る数が減り20匹が8匹にまで減ってしまいました。その残った8匹の産んだ子供達は元気に育っていますが、ショップで売られる魚はなかなかつらい思いをしているらしい

哀れとは思いながらも、今はうちの子供達をしっかり育てなくてはとエサだけ買って来ました。
イメージ 1

さて、わが家のツマグロヒョウモンの幼虫のエサは近所では見つからず、園芸コーナーにスミレ類の苗でもないかと覗いたのですが、時季はずれらしく見あたりません。パンジーの種はあったけどそんなにすぐには育たないしね・・・。

エサを求めて移動する幼虫を、踏まないように注意しながら庭の植木鉢に生えたスミレにせっせと運んでいます。

イメージ 2
先日蛹化した蛹はもう背中の突起が黄金色に輝いております。

追伸
この春スミレを見た記憶を頼りに近所を探してみたら見つかりました。
とりあえず必要量だけ確保しましたが、まだまだ残ってますので一安心かな。

蛍光例-1

蛍光もさまざまですが、手持ちのコレクションからご紹介します。

イメージ 1
蛍石(フローライト)の蛍光
左が自然光で右が紫外線蛍光灯

イメージ 2
ピンクカルサイト(マンガンカルサイト)の蛍光
左が自然光で右が紫外線蛍光灯

イメージ 3
ウランガラスブレスレットの蛍光
左が自然光で右が紫外線蛍光灯

イメージ 4
ウランガラスおはじきの蛍光
左が自然光で右が紫外線蛍光灯

空蝉

ツマグロヒョウモンのエサのスミレを求めて、浅間大社周辺を歩いてみましたが見つかりません。
お借りしている駐車場のアスファルトに春先スミレが咲いていたのを思い出し覗いてみたら、けなげに生きているちっちゃなスミレにここで生まれたツマグロヒョウモンの幼虫がいました。いくつか生えてましたが、あの1頭分にも足りるかどうかという量なので、あきらめました。

イメージ 1
今日の拾いものはツクツクボウシの抜け殻です。
細長く、つやがほとんど無いのが特徴らしい。
浅間大社の森で採取。


イメージ 2
一番多いアブラゼミの抜け殻。
わが家の庭で採取。

イメージ 3
近年増えているクマゼミの抜け殻。
わが家の庭で採取。

イメージ 4
泥だらけはニイニイゼミらしい。
わが家の庭で採取。

蛍光アクセサリー

イメージ 1

趣味で作っているウランガラスや蛍光ガラスビーズ、蛍光鉱物などを使ったアクセサリーです。

紫外線を照射するとウランガラスは強い黄緑色の蛍光を発します。
蛍光鉱物のルビーは赤、マンガンカルサイトはピンクの蛍光を発します。

上が通常光で見たもので、下が長波紫外線で見たもの。

ツマグロヒョウモン 前蛹 - 蛹

イメージ 1

イメージ 2

昨日から動き回らなくなりじっとしていたが、今朝前蛹(ぜんよう)になっているのを確認した。

蛹には翅をはじめ成虫の器官は用意されているが、幼虫には何もない。
幼虫から蛹になる変化は完全変態の虫にとって劇的な変化で、前蛹は静かにその体内で準備をしているところだ。

午後見に行ったところすでに蛹化していた。前蛹期間てこんなに短かかったかな?
背中の黄色い突起は羽化が近づく頃には黄金色に輝きます。

※タテハチョウ科の多くの蝶は垂蛹(すいよう)といって逆さ吊り状態で蛹になる。

千社札フリー素材

イメージ 1
交換札(千社札)フリー素材を提供しております。
http://www.maturi-jp.com/websen/henpo.html

元はネット通販で販売していたものですが、解像度を落としたものをフリー素材としました。
ホームページやブログの飾りにご使用頂ければ幸いです。

**** 使用方法 ****
・上記サイトにアクセスして気に入ったデータを保存して下さい。
イメージ 2
 これが実際の画像データです。

・画像編集ソフトでお好きな文字を入れます。
イメージ 3

・文字には白い縁取りがあった方がよいでしょう。

・完成データをサイトやブログで使用するもよし、プリントアウトして名刺代わりに交換するのもよいでしょう。

※近年神社仏閣へのシール貼り付けが著しく美観を損ね、本来の千社札の伝統や決まり事を知らぬ者の真似事が千社札禁止の原因になっております。けっして神社仏閣には貼らないで下さい。
また色札は本来交換用で貼るものではありません。

*** 参考リンク ***
千社札
http://www.maturi-jp.com/php/modules/mj01/index.php?id=4

お祭りせんとや生まれけむ

イメージ 1

お祭りと郷土富士宮のこと、趣味の天然石に自然観察など気ままに書いております。
コメントをお待ちしてます。

ツマグロヒョウモンその後

イメージ 1

アシナガバチに幼虫が狩られた姿を見て、それまでは寛容に見逃していたアシナガバチの駆除を決意した。

エサを探しにスミレのまわりを飛ぶもの、人の頭をかすめて威嚇するものなどをハチやアブ専用の殺虫剤で退治したところアシナガバチの姿はほとんど見られなくなった。隣のお宅でも奥さんがハチに刺されたとかで駆除が行われたらしい。

その甲斐あって、スミレのプランターには平和が訪れ、幼虫はすくすく育っている。
その数ざっと20頭あまりだ。
エサを求めての移動がけっこう大胆で、とんでもないところにいたりするので、うっかりすると踏みつぶしかねない。
しかしプランターのスミレも残り少なく、終齢幼虫の旺盛な食欲を考えるととても足りそうもない。
その時は野生のスミレを探して採取してくるか、充分な量が見込めれば放虫するかだな。

天敵も自然界のバランスを取るのに必要なんだと実感した次第。

易 - 2

イメージ 1

そんな簡単に卦を読み解ける訳じゃないけど、こつのようなものを感じながらいろいろ占った。

不思議な事に卦をたてている途中でこれはこの卦じゃないかと思うとまさにその卦だったりした。
だんだん卦を与えている者の正体が見えてきた。
それは自分の中にある潜在意識、まさに自分自身なんだと。

潜在意識というもの、それはたとえば直感という形で現れる。
「直感は過たず」と言う。
意識下の判断はさまざまな要因に影響され、時に誤る。あるいは判断できない。
そんな時にひらめく直感はなんの根拠も無ければ説明もつかないが、当たっている事が多い。

潜在意識というものも単独で存在するわけでなく、通常の意識やその人の経験や思考パターン、精神状態などに影響されている。
だったら未熟なまま占いに頼るのは・・・。


※写真は7月1日の開山祭に行われる手筒花火

私のお守り

イメージ 1

天然石のビーズを取り寄せるようになって、初めて自分用に作ったブレスレット。
特に効能を意識した組み合わせではないのですが、10ミリの虎目石のシャトヤンシーが素晴らしく、とても気に入っています。

お守りとして効いたかなと思う事がいくつかありました。
まず、集合写真が同じ日に重なり、おまけに始業式で撮影開始が1時間遅くなり、後の撮影に遅れるおそれが非常に高かったのですが、最初の写しが順調に進み、家によってお茶を飲むほどの余裕ができたこと。
次に、機材の不備などの無理もあり遠慮した撮影が、回り回って解決した状態で舞い込んできたこと。
他にもいくつか助けられたと思う事がありました。
そんな事が続いたので、大事なお守りとして手放せなくなりました。

慎重さや集中を要する大事な仕事のときは、必ずこのブレスレットをはめます。

虎目石10ミリ×6
水晶8ミリ×12
ヘマタイト6ミリ×6

参考リンク 天然石の効能
http://www.miyachou.com/mineral/omamori/kounou.html

効き目はメンタルなものなので、効くと思う人には効くけれど興味のない人には実感できないもの。
気に入る事が一番大事です。

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ