我が家の裏庭にはイチジクの木が植えてある。


毎年8月中旬頃から収穫の季節を迎え、市販の物ほど赤くはならないが、ねっとりとした飴色の実はとても甘い。


 



 



 


毎年楽しみにしていたイチジクの実りだが、ある年20センチ以上にも育ったその幹を伐らなければならなくなった。


たくさんのキボシカミキリの幼虫がイチジクを食い荒らし、食害にあったところを切り落としていったら、根本近くまで伐る事になってしまった。


 


これはもうダメかなと思っていたら、その後根本から出た脇芽が伸び、再び収穫できるようになった。


 



今年は春先の天候不順があったが、連休の好天でイチジクの若葉が伸び始めた。


ふと見ると枝から木くずが吹き出している。キボシカミキリの仕業だ。


 



食害にあった枝を切り、木くずを払って浮いていた樹皮をはがしてみる。


その下に開いている穴がキボシカミキリの幼虫が開けたものだ。


 



割ってみると穴の中にいたのはこんな虫だ。


キボシカミキリの幼虫だが、このように木に穴を開け食べる虫を総称して「鉄砲虫」と言う。


 


kotobankより引用する


てっぽう‐むし〔テツパウ‐〕【鉄砲虫】

 カミキリムシタマムシ幼虫。木に穴をあけ、中に鉄砲玉のように入っている。《 夏》


 


食害にあった部分を伐っただけでは安心できない。近くに転がしておくと切られた木の中で成長を続け、成虫になってまたイチジクに卵を産み付けるからだ。


今回は鉈で枝を割り幼虫を捕らえて駆除した。


幸い他の枝には食害が及んでいなかったので一安心。


 


夏の暑さも盛りを過ぎる旧盆の頃、我が庭では酔芙蓉の花が咲き始めイチジクが熟し始める。


 


楽しみに待つとしよう。