家内が研修で出かけるというので市役所まで送り、裏通りを帰る途中で携帯が鳴った。


 


車を路肩に寄せて停車し携帯に出ると、横の駐車場から1ボックスカーがバックで道路に出ようと動きだし、クラクションを鳴らす間もなくぶつかった。


電話を中断し、外に出て車を見る。


目に見えた傷でもなければ別に良かろうと思ったら、車左のタイヤハウス後側に少しへこみがある。


相手車両に古い小キズはあるが、新たなダメージはない。


 


車を買ったのが秋田竿燈祭りを見学した年で、今年車検だから5年目。あれ?7年目かな。


新車で秋田に行く途中、東名高速を出て車線が減少する所でトラックに接触され、いきなり傷を負ったっけ。


それを思えば、このへこみも年相応の傷みと言った所か。


 


先方の不注意とはいえ、私の車が停車した位置が1ボックスの運転席からはちょうど見えない死角だった。間が悪かったんだな。


事故と言うほどでもないということで、お互い様にして別れた。


 


ついてないとは言え、まあ悪いことばかりでもないだろう。


こんな事もあるから、些細なことにも喜べる。


 


ラーメンの味を引き締める、コショウかラー油のようなもの。


 


そう思ったら、ちょっとへこんでいた気分が軽くなった。