近年御神火まつりの川上りは、場所取りが早くから並んでいるので、練りに最後までつきあっていると良い場所に入れない。


 



少し早めに神社に戻ると、富士山はまだ姿を見せていた。でも御神火台が戻る頃には闇に飲み込まれ、山室の灯りぐらいしか見えないのだろうな。


 



川上りの一番神輿は平成御神会。

さかのぼる川は湧玉池に端を発する神田川。

水温は年間を通じ摂氏13度という。


 



多くの観客の前を水しぶきを上げながら上ってゆく。


 



そして多くの観客の待つ上陸地点だ。

最後の一がんばり。


 



2番手は頭火会。


 



3番手は守楽。


 



4番手は市職。


 



5番手は翔友会。


 



6番手はみやしん。


 



7番手は般若会。


 



8番手はさくや。


 



そしてしんがりは富士宮神輿会。


 



整然と川を上る。


 



最後の神輿が上陸した。


 



そして閉会。


 



三本締めで締めくくられた。


 


不況のゆえか、ここ数年でいくつかの企業神輿が撤退したが、その一方で会組織で頑張っている所も多い。来年もまたここで会えるよう希望する。


 


今年は富士山の姿が素晴らしかった。

何かの良いしるしであって欲しいものだ。