月明かりはけっこう明るい物で、満月に近い頃は夜道を歩くのにも不自由しないくらいだ。月が冴え冴えと照らしているのを見て、富士山を見やると少しかすんではいる物のその姿が見られた。
霞む時は出来るだけ近づくのが鉄則。
登山道を上ることにした。

先ずは篠坂の「富士山さくらの園」に来てみた。
イメージ 1
昼間と見まごうこの風景も、高感度で長時間露光による物。

イメージ 2
肉眼で見た感じに近づけるとこんなぐらいか。


イメージ 3

イメージ 4
築山に植えられたシバザクラがきれいだ。

イメージ 5
ヤマザクラだろうか。葉と花が一緒に開いている。

西臼塚駐車場
人里離れた山の中だというのに、野良だろうか捨てられたものだろうか犬の声がしていた。
イメージ 6
通過する車のライトだ。長時間露出が判るだろうか。

イメージ 7
山頂をアップで。雲が遊んでいた。

イメージ 8
昨夏流星を見に来た時は山室の明かりと登山者のライトがジグザグに続いていたが、ゴールデンウィーク前とあって自動車道の登山区間もまだ開通していない。

水が塚公園
駐車場から公園に来てみると、周囲の林でガサッと音がした。熊ではないかと、ちょっとびくびく物だ。
イメージ 9
ここからは宝永山と火口が目の前だ。

イメージ 10
空の星も、満月近い明るさだとさすがにかすんでしまいます。

イメージ 11
公園のあずまやと富士山。

寒い風が吹き始めたので退散した。
下る途中で道ばたにいる鹿を3回ほど見かけたが、富士山でも増えているのだろうか。