12月7日の日曜日は宮本区の防災訓練に参加し、小型ポンプの操作を指導しました。

イメージ 1
役員は準備で早めに集合とのことで、1時間前に行ったら早すぎたようでした。
天候は快晴で眺めも良いので、久しぶりに家の周りを見て歩きました。
中央図書館駐車場から見た富士山です。

イメージ 2
市民文化会館駐輪場の銀杏は黄葉を散らし終わる頃。

イメージ 3
市民文化会館植え込みのドウダンツツジの紅葉がきれいでした。

イメージ 4
防災倉庫から訓練の道具を引き出します。
台車にセットした可搬ポンプの指導を私が担当します。

イメージ 5
区民館前に集まった参加者。
開始を待ちます。

ハンドマイクを持ちながら指導していましたので、訓練中の写真は残念ながらありません。

イメージ 6
最後に非常食の試食が行われました。

この日は晴着撮影の予約が入っていたので、早めに抜けて帰りました。

回数が多ければ良いというものでもないでしょうが、毎年9月と12月の2回、防災訓練が行われています。
東海地震の危険性が叫ばれて久しいのでずいぶん長い事こんなペースで訓練を行っています。
避けるべきはマンネリ化でしょうね。