先ほど入れ替え戦が終了し、ジュビロが2-1でベガルタに勝利し、J1残留が決定した。
Jリーグ最終戦で、1点が取れずロスタイムに失点するという最悪のパターンで、入れ替え戦までもつれ込んだが、ようやく残留が決定したのでこれで安心して眠れそうだ。
来年はこんな心配はしないで済むように願いたいものだ。

まさかここまでもつれ込むとは思わなかった。
昔の黄金期を考えると当時の選手たちの多くは他チームに移り、そこでも来期は戦力外通告されるなど、時の移ろいを痛感する。
世代交代が求められる時期でありながら、それが思うように行かぬもどかしさばかり。

難産ではあったがニューヒーローの出現を喜びたい。