2196daa5.jpg燈回廊の夜拾ってきた猫たちも、仲良く育っています。

よく膝に乗ってきてそのまま眠ってしまうこともありますが、そんなことでかなり癒されているのを感じます。

ずいぶん前ですが、某テレビ局の番組で気功師と気功を受ける人の脳波を調べたのを見ました。気功師が気を入れる時に両方の脳波にα波がシンクロして表れているのです。ペットを可愛がりペットがくつろぐ時に、飼い主も癒されているというのと似ているかと思います。
業務に関して言えば、初宮詣の赤ちゃんをあやす時につくづく感じる事があります。
赤ちゃんがむずかりかけた時、撮る側がいらついたままあやしても赤ちゃんはよけいむずかります。赤ちゃんに近づき、自分をリラックスさせてあやしながら気持ちの中で語りかけると、案外機嫌が直ります。
思いは伝染する。言い換えると脳波は他者の脳波とシンクロし得る。
空気を感じるというのも似ています。

経験的に体得したこのあやしの極意も完璧ではありませんが、かなり有効だとは思います。

猫がのどを鳴らしながらくつろぐ事で、飼い主自体も癒される。
α波のシンクロといえるのでは無いでしょうか。