へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

イチジク

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

茹で落花生 夏を感じる時

image

生落花生が出回り始めました。
落花生を茹でたとSNSに投稿すると早速多くの返信が寄せられました。
「実の入りすぎた物より少し未熟なくらいが良い。」
「しなす(未熟果)が最高!!」

茹で落花生については、地元(富士・富士宮)の皆さん思い入れがあるようです。

茹で落花生を知っていますか?

茹で落花生分布調査
茹で落花生も今では全国放送などでも紹介され、調査当時よりは知られるようになりました。

よろしかったら御覧下さい。




IMGP7416-800

庭のイチジクが熟し始めました。でも、ほとんど裸の枯れそうな木に、しがみついている実が色づいただけの事でとても食べられそうにありません。

今年勝手が違うのは、昨年一昨年とカメムシに痛めつけられた幹回りの表皮が枯死して、枝先にまで水や栄養を充分に送る事が出来ません。伸ばしかけた葉も小さいまま枯れて落ちたり、またしばらくすると枝先に葉と実をつけたりしています。

枯れるものならと今までなら伐ってしまったものですが、来年には息子がここに家を建てます。
庭も掘り起こされ基礎が打たれます。このイチジクもどのみち今年が最後なら、そっとして最後を見届けようと思います。





IMGP7414-800

酔芙蓉が咲き始めました。10月頃まで花を咲かせ続けます。
朝咲いたばかりは白い花ですが、夕刻には赤く染まります。
それを”酔う”と表現したのも素敵ですが、酔い加減も気温によって代わります。



PNTX0766

気温が下がってくると翌日も萎まずに咲き誇り、


PNTX0776

あるいは斑に染まったりもします。


これらが出そろうのが夏の盛りを実感する今頃の事。
お盆の声を聞く頃には涼風が立ち始め、夏が過ぎゆくのを惜しむようになります。

悔いの無い夏を過ごしましょう。
宿題もお忘れ無く。





夏の虫たち : へんぽらいの祭り談義

雨上がりと遅れた花 ビジョナデシコ

雨が上がり、やっと陽射しも見られました。

IMGP7085

ビジョナデシコ(アメリカナデシコ)はもう種になっているのに、遅れて咲いた花が1輪。


IMGP7088

ずいぶんと遅れたものです。



IMGP7086

枯れかけて最後の力で葉を伸ばしたイチジクです。この実も熟するまでは行かないだろうな。



IMGP7075

サルスベリが咲き始めました。



IMGP7076

シオカラトンボが庭を占有しています。



独り遅れて咲きにけり : へんぽらいの祭り談義

雨上がりのイチジク

昨夜来の雨が朝まで残りゴロゴロと雷鳴が聞こえていましたが、日が射し青空も見えたので庭のイチジクを収穫しました。

PTX50122

一見大量の収穫には見えますが、雨の後は実は裂けるほどに膨張していても日照が無いので甘みが少なく、熟したものは雨でふやけます。
かといって採らずにおけば、樹上で発酵しその匂いにスズメバチなどがやって来ますので放置は禁物。

PTX50120

葉陰で雨に打たれるのは避けられましたが、甘みが増す前に割れてしまいました。



PTX50123

今年は樹勢が悪いので貴重な稔りです。
甘みが少なかったのは残念だけれど、せっかく収穫したイチジクなのでヨーグルトと一緒にいただきました。



PTX50119

残る未熟果も残り少なくなりました。
このイチジクが美味しく熟すように、長雨はもう沢山、秋晴れと日照が欲しいものです。


イチジクが裂けた

このところ雨が多いので、イチジクがなかなか色づきません。
大きなイチジクがあるけれどまだ青いと思っていたら、今朝見たら大きく3つに裂けていました。

2015-08-21-10-17-01

熟したと言うより、膨れて裂けたと言う感じです。


2015-08-21-10-20-50

切ってみると元に近い方はまだ硬く、熟したという感じには今ひとつ違います。


食べてみると元側は未熟な感じで甘みがほとんど無く、先端側で少し甘みを感じるぐらい。
熟す前にはぜたと言う感じです。
日照り続きの頃は小さいまま色づき食べると強烈な甘みが口に広がったものですが、雨続きで日照不足という状況では熟す前にはじけてしまうのでしょうか。

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ