へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

サクラ

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

浅間大社は寒桜日和でした

今日から3月。まだ寒桜ですが、花が咲き始めいよいよ春めいてきました。
節分祭にはもう寒桜が咲き始めていましたから、今年は例年より開花がずいぶんと早いようです。

浅間大社境内の寒桜開花状況です。

IMGP4685

拝殿西の寒桜は2月3日の節分祭にはもう咲き始めていました。
今まさに盛りですね。


IMGP4691

寒桜越しに拝殿を見ています。うららかな陽射しに春爛漫を感じますが、まだ始まったばかりです。



IMGP4666

本殿東の寒桜は西の桜より若く、まだ小さいです。でも周囲の空間が開けていますので、のびのびと育てばこれからが楽しみです。



IMGP4676

御殿の西東に寒桜が見えます。数は決して多くありませんが、多ければ良いというものでも無いでしょう。少し控えめぐらいがお浅間さんには似合います。



IMGP4616

境内駐車場東にまだ若い寒桜が数本植えられていますが、これからの成長が楽しみです。
ここからは背景に正面参道の石鳥居と富士山が見えました。

寒桜に続いてオオシマザクラ、枝垂れ桜、そしてソメイヨシノと続きます。
ソメイヨシノが咲き始めるのは例年20日過ぎですが、このまま順調に暖かくなれば早まるかも知れませんね。


へんぽらいの祭り談義 : 弥生の空に隠れんぼ

桜咲いたと思ったら

PNTX4844

雨上がりの好天に、浅間大社の開花状況を見に行きました。
祈祷殿前からは少し霞んだ富士山が見えます。


PNTX4847

祈祷殿前から拝殿方向を見ると拝殿東の信玄公手植えのしだれ桜(二代目)が盛りを迎えていました。


PNTX4864

毎年この桜が満開になる頃、ソメイヨシノが咲き始めます。


PNTX4872

今年も例に漏れず、ソメイヨシノが咲き始めました。


PNTX4874

蕾も膨らみいよいよ華やかになると期待したところ、予報では明日から冷え込むとのこと。
開花のスピードダウンは避けられないでしょうね。


DSCF3847

平成19年も 開花が始まって低温となり、桜は足踏みをしていました。
3月30日は雨上がりで気温が急激に上昇し、桜は一気に開きました。
汗ばむほどの気温に、気の早い河童どもが神田川で水浴びをしたほどです。

あまり冷え込まなければ、も少し早く桜が楽しめるのですが。


浅間大社桜の季節開幕!!

IMGP1858

2月23日気温が上昇した富士山の日に浅間大社を訪れると、拝殿西側にある寒桜の花が数輪咲いていました。いよいよ浅間大社桜の季節の開幕です。
ソメイヨシノの開花まではまだ一月ほどかかりますが、3月初旬にはオオシマザクラが咲き始め、次いで枝垂れ桜、そしてソメイヨシノと続きます。

IMGP1862

このまま一気に春めいて欲しいところ。

桜の季節開幕です!!

26浅間大社の桜(ソメイヨシノ)記録 - 2

IMGP8625

4月1日浅間大社西鳥居と馬場を遠望


IMGP8635

4月1日手水舎と楼門前の桜


IMGP8638

4月1日馬場西側の桜


IMGP8649

4月1日神田川岸桜並木の桜


IMGP8660A

4月2日浅間大社馬場の桜


IMGP8667A

4月2日浅間大社馬場の桜


IMGP8669

4月2日浅間大社馬場西側の桜
両側からの桜が空を覆います。


_DSF2611

4月4日夕神田川より


_DSF2616

4月4日夕ふれあい広場より


_DSF2617

4月4日神田川桜並木の桜越しの富士山


IMGP8744

4月5日馬場の桜


IMGP8752

4月5日正面参道は参拝客に桜が散り掛けています。


IMGP8756

4月5日楼門前馬場の花吹雪


IMGP8820

4月5日夕の桜花祭雅楽の夕べは拝殿西の桜の下でした。





水温み芽吹く頃

今日から3月、いよいよ春めいてきました。

2月25日に浅間大社で寒桜最初の一輪の開花を見ました。

IMGP7953

28日には気温上昇もあってか、多数の花を見る事が出来ました。

IMGP7956

後に控える蕾たちも開くタイミングを待っているようです。
2日のますつり大会にはもっと賑やかになることを祈ります。

IMGP7961

庭のカジイチゴが芽吹きました。もうじき白い花が咲き、ゴールデンウィーク頃にはイクラの固まりのような実をつけます。

IMGP7962

庭で冬越しをしたダルマメダカです。この容器も冬場は陽があたらず結氷していましたが、無事に越冬できたようです。

IMGP7963

庭で冬越しをしたヒカリメダカです。やっぱり少し痩せたかな。


写真(風景・自然) ブログランキングへ

浅間大社の桜-1

浅間大社の桜も満開を過ぎて一段落の感があります。


例年なら気の早い流鏑馬祭の馬場の柵が立て始められる頃ですが、今年は神事のみという事で柵は立ちません。


 


今年の桜を振り返ってみます。


 



拝殿西の緋寒桜が一番早く、昨年は節分祭の頃には数輪の開花が見られたが、今年は節分にはまだ蕾が固かった。2月の末には花盛りとなり3月半ばには若葉に代わる。


 



続いて開くのは鏡池のオオシマザクラだ。


3月初めのマス釣り大会の頃から咲き始める。


 



ソメイヨシノに先駆けて開くのはしだれ桜。


信玄公しだれ桜は浅間大社拝殿東側にあり、盛期にはなかなか美事だ。


 



ふれあい広場のあずまや脇の紅しだれ桜。青空に映える。


 



神田川岸のしだれ桜だ。第二鳥居東側にある。


 



払い所脇のしだれ桜。


向こう側で楼門にかぶっている桜は最も遅く咲く。


 


 


来年こそ桜の下で会いましょう

東日本大震災で今年は中止となった浅間大社桜まつりですが、昨年の写真をご紹介しておきましょう。来年こそはこの幽玄の集いが行われるよう祈りつつ。


 



桜の下に舞台が作られ、能の仕舞が披露されました。


 



舞楽「蘭稜王」


 



ふれあい広場には多くの燈火が並べられ、桜を浮かび上がらせました。


 


フェイスブックにアップした昨年の桜まつりのアルバムより。


アルバムはどなたでも御覧になれますので、ぜひ覗いて下さい。


平成23年4月1日浅間大社の桜-3

平成23年4月1日の浅間大社の桜です。


 


 



桜は青空との対比が美しい。この紅しだれ桜も青空に映えますね。


 



紅しだれ桜の花盛り。


 



払い所横のしだれ桜。


 



社務所前の紅しだれ桜。


 



社務所前の紅しだれ桜。


 



もう一度拝殿西の標準木。2分か3分咲き。


 



早咲きの信玄公手植えしだれ桜二世は、今が見頃。


 



浅間大社西鳥居から境内を見る。


馬場の桜が咲き揃うにはあと少し。


母と一緒に桜の下を歩いて、小学校の入学式に行ったのを思い出します。


 


 



記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ