イメージ 1

 私のサイトのきっかけは「故郷とお祭りを知ってもらおう!」という思いつきでした。
「インターネットは貧者の放送局」という言葉に感銘を受け、勢いでサイトをオープンしたわけです。
タグを辞書登録しテキストエディタでこつこつとページを作りました。そんな状況ですから最初の容量はフロッピー1枚に余裕で収まるようなものでした。
Yahoo!にも登録して頂いてそこそこ訪問者もあり、気をよくして複数プロバイダにページを分割、次にはドメインを取ってとバブル状態の拡大が続きましたが、気がつけば更新も滞り意欲も減退しているというスランプに陥り、わずかな更新でごまかしているという状態が続きました。そんな好不調の波にぶつかりながら気がつけばはや10年。長いようであっという間でした。

 同じように故郷の祭りを紹介しているページにリンクさせて頂いているのですが、祭りと日本の伝統関連ページでようやく1000を超すサイトが登録できました。
http://www.maturi-jp.com/php/modules/yomi/
ここまで来るのも時間がかかっているのですが、中には新たなドメインを取得して移転したり、無くなってしまうサイトがあったりと正確なデータの維持で悩まされます。
私もスランプも経験していますので、消えてしまうページの気持ちもわからないではありません。
でも続けてきたからこそ多くのサイトとの連携が取れるし、培った多くのリンクが検索エンジン上位表示に生きているのだと思います。

 サイトを閉じようとしている人は考えて欲しいんです。
最初にはそれなりの熱い思いがあったはず。情報が古くなったら必要なところだけ直せば良いんです。
閉じられたサイトでも古いページへのリンクがけっこう高い評価(表示順位)で残っている事もあります。それって財産じゃありませんか?

関連リンク
http://www.miyachou.com/wp/?p=31