へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

金木犀

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

許せ!キンモクセイ

今までだって何度も枝を切り落としたのだから、ドライにお別れが出来るかと思っていました。でも罪悪感が抜けきれないのはどう言うわけでしょう。

離れをリフォームして家族4人が暮らすためには1部屋増築しなければあまりに手狭で、このキンモクセイには退いてもらわなければなりません。かといって移植する場所も無いので、伐採することになりました。

詫びながら、「お前のことは忘れない」と語りかけたのがせめてもの慰めでした。


image

昔伐った枝の所は年を経て新たに樹皮で覆われていました。なんだか猫の目みたい。



2016-09-30-07-41-42

伐採予定が近づいたので今年は花を見ないままお別れかと思っていましたが、直前に咲き始め、伐採予定が1日遅くなったので、なんとか金木犀の薫りを楽しむことができました。



image

枝を伐り玄関に置いたら、家中に薫ります。
思いついたのが、昔やった金木犀の花を焼酎に漬け込むこと。
花を集めて焼酎に入れました。



PTX50853

いよいよ伐採の日です。


PTX50855

先に枝を伐り、その上に幹を切り倒しました。


PTX50858

四方八方に太い根を伸ばしてしがみついているように見え、無理矢理取り除くようで申し訳なさをよけいに感じました。


ネットで検索してみると、説明はえらく大まかな物でしたが香水も作れるとのこと。
花を集めたらゴミを取り除いて着色瓶に入れ無水エタノールを注ぎ、2ヶ月ほど冷暗所で保存すれば出来上がりだとか。




2016-09-30-08-28-54

伐採前に枝を伐っておきましたので、集めた花を純度の高いエチルアルコールに漬け込みました。
年内にはリフォームも完成する予定なので、完成したら最初にルームフレグランスとして漂わせたいと思います。

長いこと楽しませてくれて、有り難う!!


キンモクセイの香水作り : へんぽらいの祭り談義

キンモクセイの香水作り

image

キンモクセイの薫る頃となりました。
庭のキンモクセイの枝を玄関に置きましたが、よく薫ります。



2016-09-30-07-41-42

以前の投稿でキンモクセイを探したら10月初めの記事が多かったようですが、今年は少し早かったのかな。



2016-09-30-07-41-52

風向きでけっこう遠くまで薫りが届くこともありますね。


以前この花を焼酎に漬け、あまり酒は飲めないけれど香りを楽しんだことがあります。
検索してみたらキンモクセイの香水の作り方が見つかりましたので、やってみました。
2016-09-29-16-08-32

先ずは花をきれいに集めるところです。

ゴミを取り除いたら着色瓶などに無水エタノールで漬け込み、アルコールに薫り成分を抽出させます。2ヶ月ほどで良いみたい。
精製水を混ぜてルームフレグランスとして楽しんだらいかが、とのことでした。



2016-09-30-08-28-54

茶色の小瓶が香水を仕込んだ栄養ドリンクの瓶です。
失敗だったのは、よく洗っても蓋にしみ込んだガラナの匂いが抜けなかったこと。
せっかく香水が出来ても、何か違う匂いとして邪魔になるのではと心配です。
隣の焼酎にも少し花を入れました。薫りが楽しめれば良いけれど、花の量が足りないかも。

後日また報告させていただきます。


キンモクセイ咲く : へんぽらいの祭り談義

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ