へんぽらいの祭り談義

富士山とふるさと富士宮市の風景、祭り・催し、自然、生き物などをSNSなどネットに発信し、多くの写真で紹介しています。

防寒

へんぽらいとは富士宮弁で変わり者のこと。ライフワークの祭りを通してふるさとの今を発信し続ける、心ある変わり者で有りたいと思います。
様々な祭りをご紹介するWEBサイトはこちらです。
http://maturi.info/

ドカン 簡単に作れる防寒着(具?)

久しぶりに床屋に行ったら、首が寒い。
帰りに立ち寄ったスーパーで見つけた、アクリルの襟巻きのような物が良さそうなので購入しました。



2016-12-01-10-09-50

ネックウォーマー、耳当て、ニット帽と使い方は色々。
以前何かで見たのに似たようなのがあったのを思い出しました。
たしか「ドカン」と言ったよな。

ネットで検索すると、ブログで書いている方がいらっしゃいました。
ナチュラル北海道さんの書かれた「ドカン」という記事で、自作の「ドカン」を紹介されています。

文末で出典を紹介されていたので、やっとどこで見かけたのか思い出しました。



2016-12-01-10-09-14

忍者マンガで一世を風靡した白土三平さんの書かれた「白土三平フィールドノート 土の味」です。
昭和62年6月20日初版発行というから、29年も昔の本なんですね。

房総の漁師さんが愛用しているというこの「ドカン」は文字通り土管のような布の筒で、柔らかなネルなどの布地を縫い合わせただけのシンプルな物です。

フィールドノートによれば作り方は至って簡単、ヤール幅(91僉砲里泙淨の周囲を測って少し余裕を取り裁断して端を合わせ袋縫いにするのだそうです。

ナチュラル北海道さんは、80僉50僂涼司佞鯔イす腓錣擦萄遒蕕譴討い襪修Δ任后
適当な生地があったら試してみてはいかがでしょうか。

昔西湖にヒメマス釣りに行った時、遮る物の無い湖上で寒風に吹きさらされ凍えそうになった事がありました。船宿に戻って何か温かい物を注文しようとしたのですが、あまりに冷えすぎて呂律が回らなかったのを思い出します。

この「ドカン」があったら、あんなには寒い思いはしなかったかな?

ダルマのごとく

ブログネタ
外出時の寒さ対策を教えてください! に参加中!
雪が上がった雪化粧が美しい日に富士山の写真を撮りに行くのには、防寒対策は必須です。
雪が上がっても風のない日には意外と空気が霞がちで、風が強いほどクリアーな景色を見ることができます。

DSCF1731

夕日の火照りが残る山肌にこの日も強風が吹き荒れ、積もった雪が吹き飛ばされています。稜線の上の少し暗い陰が吹き飛ばされた雪煙です。これを撮った富士山に間近い小山は寒風をまともに受ける場所で、とても寒かったー。

DSCF8320-1

まして月明かりに照らされた真夜中の富士山を撮るのは、ちょっと覚悟がいります。
路面凍結にひやひやしながら、月明かりの富士山中服の水ヶ塚公園まで出かけました。
防寒対策を万全にしようと思ったら、軽くて暖かい衣料が良いに決まってます。
でも高級なものは用意できないので、もっぱら重ね着で5-6枚を着込んで出かけます。
人にはちょっと見せられませんね。

DSCF0152

この写真を撮った満月の夜も強風で、通い慣れた白尾山でFacebook仲間とばったり会いましたが、着ぶくれてフードをかぶりマスクまでして夜間うろつく姿では、私と気づかれませんでした。(笑)


写真日記 ブログランキングへ

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ